カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
上原浩治 デビュー戦で初勝利
オリオールズの上原浩治が8日、本拠地で松井秀喜が所属するヤンキース戦に初先発し、5回1失点の好投で初勝利を挙げた。注目の松井との対戦でも、3打数無安打と封じ込めた。オリオールズが初回に2点を先制すると、1点差に迫られた4回にはマーカキスの2ランなどで一挙に5点を挙げた。上原の後を継いだリリーフ陣が6回に1点、9回には3点を取られたが、2点差で逃げ切りヤンキースに連勝した。

 「4番・DH」で先発した松井はセカンドゴロ、ショートライナー、レフトフライと上原の前に3打席凡退。第4打席もレフトフライに倒れた。9回、一発出れば同点の場面で回った第5打席では、サードフライを打ち上げ最後の打者となった。5打数無安打で打率は1割ちょうど。

上原は初回、先頭打者にいきなり四球を与える立ち上がり。しかし後続を打ち取り無失点に抑えると、2回、3回とも走者を出しながらも点を与えなかった。4回には2死からヒットと二塁打で初失点を喫したが、1失点で切り抜けた。5回を投げ切ったところでマウンドを降りた。 投球内容は5回を投げ被安打5、与四球1、失点1、奪三振0、球数は86球
[PR]
by softball_park | 2009-04-08 23:55 | ヤンキース
<< 巨人 横浜投手陣崩壊 18安打... 巨人13安打12得点と打線が爆発 >>
トップ