カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
ヤンキースが延長戦の末敗れ、勝率が5割を切った
ヤンキースの松井秀喜は6日、本拠地で岩村明憲が所属するレイズとの2連戦第1戦に「4番・DH」で先発出場した。今季6度目の2安打を記録するも、チャンスの場面では2打席連続で凡退した。岩村は「8番・セカンド」で先発出場し、1安打1打点の活躍だった。試合はヤンキースが延長戦の末敗れ、勝率が5割を切った。ヤンキースが3点ビハインドで迎えた8回、2死満塁のチャンスにテシェイラが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、終盤で同点に追い付いた。しかし迎えた延長10回、ヤンキース5番手のコークがレイズのC・ペーニャにソロ弾を浴びて勝ち越しを許すと、ヤンキース打線はレイズの守護神・パーシバルを打ち崩せず、3-4で敗れた。

松井秀喜は第1打席にセンター前ヒットで出塁すると、続く第2打席でレフト二塁打を放ち、マルチ安打をマークした。第3打席はピッチャーゴロ。一打逆転の場面で迎えた第4打席は空振り三振を喫し、2死三塁で迎えた10回の第5打席ではレフトフライに打ち取られた。この日は4打数2安打で、打率は2割8分9厘
[PR]
by softball_park | 2009-05-06 23:01 | ヤンキース
<< 巨人 小笠原 道大 逆転3ラ... 横浜が巨人戦今季初勝利 >>
トップ