カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
アジアシリーズ2008 埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)アジア制覇!
アジアシリーズ2008

11月16日(日)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の決勝が16日、東京ドームで行われ、埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)を1対0のサヨナラで下し優勝。これで日本勢は第1回大会からアジアシリーズ4連覇を果たした。 息詰まる投手戦に終止符を打ったのは日本王者だった。埼玉西武は0対0の同点で迎えた9回、2死走者なしから石井義がこの試合チーム初の四球を選ぶと、続く佐藤の左中間への二塁打で一塁から石井義が一気に本塁へ生還。ゼロが並んだスコアボードにようやく得点を刻むと同時に、劇的なサヨナラ勝利でアジア王者の栄冠をつかんだ。
 投げては先発・涌井が序盤3イニング連続で先頭打者にヒットを浴びるなど苦しい立ち上がりも、7回途中まで毎回の10奪三振で無失点に抑えると、2番手以降の星野、大沼、岡本真も統一打線に得点を与えなかった。 一方、台湾勢初優勝を狙った統一は、埼玉西武投手陣から再三ランナーを出すも、拙攻続きで本塁を踏めず。6回を4安打、無四球と好投の先発・アルバラードを援護できなかった。 なお、優勝した埼玉西武は賞金5000万円を獲得。また、大会MVPには決勝でサヨナラタイムリーを放った佐藤(埼玉西武)が選ばれた。
[PR]
by softball_park | 2008-11-16 23:00 | 試合結果
<< 巨人・グライシンガーが6失点 アジアシリーズ2008 統一7... >>
トップ