カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
2008年 09月 28日 ( 3 )
巨人 息詰まる投手戦で敗れ首位陥落
セ・リーグ

中日 1 - 0 巨人
ナゴヤドーム

広島 6 - 3 ヤクルト
広島

パ・リーグ

日本ハム 1 - 4 ロッテ
札幌ドーム

楽天 2 - 7 ソフトバンク
Kスタ宮城

西武 2 - 7 オリックス
西武ドーム

9/28(日)中日vs.巨人22回戦
中日は0-0で迎えた8回裏、荒木のソロで待望の先制点を奪うと、9回を守護神・岩瀬が3人で締め、息詰まる投手戦を制した。先発・チェンは8回無失点の好投で今季7勝目を挙げ、チームもホーム最終戦を白星で飾った。敗れた巨人は打線が上原の好投に応えられず首位陥落。
[PR]
by softball_park | 2008-09-28 23:01 | ジャイアンツ
ヤンキース ムシーナ 初の20勝目
ヤンキースは28日、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークでダブルヘッダー。初戦に松坂大輔が先発し、4回3失点で負け投手となった。シーズン最終登板を白星で飾ることはできなかったが、今季は29度の先発で18勝3敗、防御率2.90の好成績を収めた。岡島秀樹は1回を投げ、無失点に抑える好投を見せた。レッドソックスは2-6で敗れた。

レッドソックスが4回に3点を先制点される展開。8回にはエルスブリーのタイムリーなどで2点を奪い1点差に迫ったが、9回にパペルボンが乱れ3失点を喫し、2-6で敗れた。ヤンキース先発のムシーナは6回無失点の好投で、自身初の20勝目(9敗)を挙げた。

松坂は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がりを見せたが、4回、2四球でピンチを招くと、ナディーに先制3ランを浴びた。結局この回までで降板し、投球内容は4回、3失点、被安打4、与四球2、奪三振5、球数は73球
[PR]
by softball_park | 2008-09-28 23:01 | ヤンキース
ヤンキース 東地区3位に終わった
ヤンキースは28日、敵地フェンウェイ・パークでレッドソックスとの今季最終戦となるダブルヘッダー第2試合を行い、3-4で接戦を落とした。

取られたら取り返すシーソーゲームとなった。先制したのはレッドソックスだが、6回に1点を返されて同点。8回にレッドソックスが再び2点を奪って勝ち越すも、土壇場の9回に2点を返され試合は再び振り出しに戻った。決着が付いたのは延長10回、レッドソックスが先頭打者コラの三塁打でチャンスをつくると、2者連続敬遠四球で2死満塁から、最後はバン・エブリーのタイムリーヒットでサヨナラ勝利を飾った。 今季のヤンキースは89勝73敗で、アメリカンリーグ東地区3位に終わった。
[PR]
by softball_park | 2008-09-28 23:01 | ヤンキース
トップ