カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
2008年 10月 13日 ( 1 )
フィリーズ ワールドシリーズ進出へ「王手」
リーグ優勝決定シリーズ10/13

レッドソックス 1-9 レイズ

レイズとレッドソックスは13日、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで同地区対決となるアメリカンリーグ優勝決定シリーズ第3戦(7回戦制、4勝先行)を行った。レイズが9-1で大勝し、対戦成績を2勝1敗とした。試合は投打にかみ合ったレイズが、レッドソックスを終始圧倒。2回に幸先良く1点を先制したレイズは、3回にアプトンの3ランとロンゴリアのソロ本塁打で4点を加えると、終盤8回にバルデリの3ラン、9回にはペーニャのソロ本塁打で大量リードをもぎ取った。投げては先発のガルザが6回を1失点に抑える力投。一方のレッドソックスは先発レスターが誤算。6回持たずに5失点(自責点4)で降板すると、打線もつながらず、レイズ投手陣の前に犠牲フライで1点を返すのが精いっぱいだった。


ドジャース 5-7 フィリーズ

フィリーズは13日、敵地でドジャースとナショナルリーグ優勝決定シリーズ第4戦を行い、7-5で勝って対戦成績を3勝2敗とし、ワールドシリーズ進出へ「王手」をかけた。試合はフィリーズが初回、アトリーのタイムリー二塁打と、ハワードのセカンドゴロの間に2点を先制した。 しかし、直後にドジャースのロニーにタイムリー二塁打で1点を返され、5回にはラミレスのタイムリーと、マーティンのショートゴロの間に計2点を奪われ逆転された。 フィリーズは6回にワイルドピッチの間に1点を奪って3-3の同点に追い付いたが、直後にドジャースのブレイクのソロ本塁打と送球エラーで追加点を奪われ、再び2点のリードを許した。 このままドジャースが逃げ切るかと思われたが、粘るフィリーズは8回、ビクトリーノの2ラン本塁打と、ステアーズの2ラン本塁打で計4点を奪い、7-5と試合を引っくり返した。 敵地で劇的な逆転勝利を飾った
[PR]
by softball_park | 2008-10-13 23:00 | 試合結果
トップ