カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
2008年 11月 14日 ( 1 )
アジアシリーズ2008 埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)勝利
アジアシリーズ2008

11月14日(金)

天津(中国) 0 - 15 SK(韓国)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の天津ライオンズ(CBA/中国) vs. SKワイバーンズ(KBO/韓国)が14日、東京ドームで行われ、SKが15対0で7回コールド勝ち。13日の埼玉西武戦に続き、2連勝とした。 SKは天津の先発・陳ウェイに1、2回を打者6人で抑えられたが、攻撃前に円陣を組んだ3回に打線が爆発した。鄭相昊の先制打で勢いに乗ると、この回だけで7安打、4盗塁と天津を圧倒。一挙7点を奪い、試合を決めた。大量リードをもらった投手陣も気を緩めることなく、4投手の継投で7回を無失点に抑えた。 一方、13日に台湾の統一相手に接戦を演じ、健闘を期待された天津だったが、ショックの大きいコールド負け。3失策、2暴投と自らのミスも重なり、SKの勢いを止めることができなかった。

西武(日本) 2 - 1 統一(台湾)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」が14日、東京ドームで行われ、第2試合で埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)に2対1で勝利した。両チームの予選リーグの通算成績は、ともに1勝1敗となり、15日に開催される予選リーグ第3戦に決勝進出を懸けることとなった。 埼玉西武は、1点リードを許した4回、先頭の5番・石井義が左中間を破る二塁打で出塁。佐藤のセカンドゴロの間に三塁に進塁すると、続く大島がセンター前にタイムリーを放ち同点に追いつく。さらに2死二塁から9番に入った赤田がタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功した。 投げては先発の岸が8回を1失点10奪三振の好投。4回に犠飛で1点を奪われたものの、ヒットを許したのはその回のみ。5度3者凡退に抑えるなど安定した投球を見せた。9回も星野、小野寺と細かい継投で締め、統一打線に反撃のきっかけを与えなかった。 一方、統一は5回以降の攻撃が淡白になってしまった。投手陣が4回の2点のみに相手打線を封じていただけに、岸を揺さぶれなかったことが悔やまれる。
[PR]
by softball_park | 2008-11-14 23:00 | 試合結果
トップ