カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2007年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧
プロ野球6・30
ヤクルト 7 - 3 中日
秋田

横浜 2 - 8 阪神
横浜

広島 8 - 6 巨人
広島
3点を追う巨人は6回表に高橋由、小笠原、二岡の3本の本塁打で逆転する。しかし、広島がその裏に前田智の押し出し四球で同点とすると、続く梵が2点適時打を放ち、試合をひっくり返した。9回は永川が一打同点のピンチを迎えるも、無失点に抑え、広島が打撃戦を制した。


西武 6 - 4 楽天
グッドウィル

オリックス 3 - 4 日本ハム
京セラドーム

ソフトバンク 6 - 6 ロッテ
ヤフードーム
[PR]
by softball_park | 2007-06-30 23:00 | ジャイアンツ
メジャー6・29
アスレチックス
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
ヤンキース
2 0 0 0 0 0 0 0 X 2

勝:ムシーナ  負:ケネディー  S:リベラ
アスレチックス: ケネディー、ブレイデン
ヤンキース: ムシーナ、ファーンズワース、リベラ

1回表
 ヤンキースは右腕ムシーナが先発マウンドへ。アスレチックスは先頭のスチュアートが四球で出塁。コッツェイは空振り三振に倒れるも、続くスウィッシャーの打席でスチュアートが二盗を決める。スウィッシャーは空振り三振に切って取られ、2死二塁。先制のチャンスだったが、4番カストは甘く入った変化球をとらえるも、打球は一伸び足らずレフトフライに打ち取られた。

1回裏
 アスレチックスの先発投手は左腕ケネディー。ヤンキースの初回の攻撃は、カブレラがセーフティーバントで塁に出る。無死一塁。ジーターはキャッチャーファウルフライに打ち取られ、送りバント失敗。3番松井は内角ストレートに差し込まれて、ピッチャーゴロで二塁封殺となる。2死一塁。しかし、4番ロドリゲスがレフトオーバーの二塁打を放ち、松井が先制のホームを踏む。さらにポサダのレフト前ヒットでヤンキースが2点目を奪取。なおも2死一塁のチャンスだったが、アブレイユはレフトフライに倒れて攻撃終了。

2回表
 2点を先制されたアスレチックス。チャベス、エリス、ジョンソンが3者凡退に仕留められた。

2回裏
 ヤンキースは1死後、カノがセンター前ヒットで塁に出る。ニーベスはレフト前ヒットで続き、1死一、二塁。カブレラはセンターフライに倒れるも、タッチアップでカノが三塁へ。続くジーターは鋭い当たりを放ったが、セカンドの好捕で打ち取られた。2者残塁となり、この回は無得点。

3回表
 アスレチックスはクロスビーのヒット性の当たりをショートのジーターが好捕、好送球でアウト。続くケンドールはセンター前ヒットで出塁する。スチュアートもライト前ヒットでつなぎ、1死一、二塁。しかし、コッツェイはライトへの浅いフライ、スウィッシャーがセンターフライと凡退し、チャンスを生かせなかった。

3回裏
 ヤンキースの攻撃は3番松井から。2ストライク1ボールと追い込まれ、最後は外角の変化球に見逃し三振。ロドリゲスはレフト線への二塁打を放つ。ポサダは敬遠四球で歩かされ、1死一、二塁。しかし、アブレイユがセカンドゴロ併殺打に切って取られ、追加点ならず。

4回表
 アスレチックスは、先頭のカストがライト前ヒットで出塁する。しかし、チャベスはセカンドフライ、エリスがセカンドゴロ併殺打に倒れ、3人で攻撃を終えた。

4回裏
 ヤンキースはフィリップスが空振り三振、カノがピッチャーゴロに倒れると、続くニーベスはサードゴロ。結局、3者凡退となった。

5回表
 アスレチックスはジョンソンがファーストゴロ、クロスビーはライトライナーに打ち取られる。続くケンドールは見逃し三振に切って取られ、3者凡退に終わった。

5回裏
 ヤンキースはカブレラが四球を選び、無死の走者が出る。2番ジーターは見逃し三振に仕留められ、1死一塁。続く松井はレフトライナーに倒れるも、ロドリゲスが四球で歩く。2死一、二塁のチャンスだったが、ポサダがフルカウントから見逃し三振に切って取られた。

6回表
 好投するムシーナの前に、無得点に抑えられているアスレチックス打線。先頭のスチュアートがセンター前ヒットを放つ。コッツェイの打球を松井が滑り込んでワンバウンドでキャッチ。二塁封殺となり、1死一塁。スウィッシャーはセンターフライ、カストがセカンドゴロと凡退し、アスレチックスはなかなか打線がつながらない。

6回裏
 2回以降追加点のないヤンキース。アブレイユがサードゴロ、フィリップスは見逃し三振で2死となる。しかし、カノがレフト前ヒットで出塁。何とか得点機をつくりたいヤンキースだったが、続くニーベスはサードゴロに打ち取られた。

7回表
 依然として2点を追いかけるアスレチックス。チャベスがファースト強襲の二塁打で出塁する。エリスはライト前ヒットでつなぎ、無死一、三塁とチャンスが広がる。ジョンソンは併殺打に倒れるも、この間にチャベスが生還。アスレチックスが1点を返す。クロスビーはセンターフライに打ち取られ、1点どまり。

7回裏
 アスレチックスは2番手ブレイデンに投手交代。ヤンキースは1番カブレラからの好打順だったが、セカンドフライに倒れる。2番ジーターは見逃し三振、松井がライトフライに打ち取られ、3者凡退となった。

8回表
 ヤンキースは2番手ファーンズワースに継投する。アスレチックスは1死後、スチュアートとコッツェイの連打で一、二塁のチャンスを演出。スウィッシャーは空振り三振に切って取られる。ここでヤンキースは、3番手として守護神リベラを投入。4番カストはリベラの前に空振り三振を喫し、大きな得点チャンスを逸した。

8回裏
 ヤンキースは4番ロドリゲスがレフトフェンス直撃のヒットを放ち、無死の走者が出る。ポサダはセンターフライに倒れるも、アブレイユのセカンド内野安打で1死一、二塁。途中出場のカイロはフルカウントまで粘るがセンターフライ。続くカノはセカンドゴロに打ち取られ、2者残塁に終わった。

9回表
 1点を追うアスレチックス。先頭のチャベスがファーストフライ、エリスは見逃し三振で2死走者なし。ジョンソンは死球で出塁するも、最後はクロスビーが空振り三振に切って取られ、試合終了。

松井秀喜 /4打数0安打
第1打席 ピッチャーゴロ
第2打席 見逃し三振
第3打席 レフトライナー
第4打席 ライトフライ
[PR]
by softball_park | 2007-06-30 22:59 | ヤンキース
プロ野球6・29
横浜 中止 阪神
横浜

広島 6 - 12 巨人
広島
巨人は17安打12得点の猛攻で広島に快勝した。4回表に阿倍の3ランで先制すると、5回には2死から6連打で一挙4点を追加するなど中盤で大量リードを得る。一度は3点差まで追い付かれるも、8回に谷が2点適時打、阿部が2本目となる2ランを放ち試合を完全に決めた。

西武 6 - 2 楽天
グッドウィル

オリックス 4 - 1 日本ハム
京セラドーム

ソフトバンク 1 - 0 ロッテ
ヤフードーム
[PR]
by softball_park | 2007-06-29 23:00 | ジャイアンツ
メジャー6・28
ヤンキース
0 0 1 2 0 0 1 4 8
オリオールズ
0 0 2 0 0 0 4 6
勝:  負:  S:
ヤンキース: 王建民、ビスカイーノ、マイヤーズ

オリオールズ: カブレラ、シューエイ、パリッシュ、レイ

本塁打: フィリップス1号、ロバーツ5号

1回表
 先制点の欲しいヤンキースの攻撃。オリオールズの先発マウンドには右腕カブレラが上がる。先頭のデーモンが見逃し三振で出塁できず。続くジーターはライトフライに倒れて2死。ここで松井の第1打席を迎える。初球、真ん中よりの球を狙うも、ショートフライに打ち取られて攻撃を終了した。

1回裏
 オリオールズの攻撃。4連敗中のヤンキースはエース王建民をマウンドに送る。先頭のロバーツがレフトフライに倒れた後、ファヘイがヒットで出塁する。この走者を生かしたかったが、マーカキスがショートゴロ併殺打に倒れ、チャンスを広げることができなかった。

2回表
 ヤンキースは4番ロドリゲスから。カブレラを攻略したいところ。先頭のロドリゲス、続くポサダはいずれもセンターフライに倒れ、簡単に2死となる。6番アブレイユは空振り三振を喫して、この回も3者凡退に終わった。

2回裏
 オリオールズは先頭のミラーがレフト前ヒットで出塁する。しかし、ハフがショートゴロ併殺打。この試合早くもチーム2つめの併殺で一気に2死となる。続く6番モーラはセンター前ヒットを放ったものの、ニ塁を狙いタッチアウト。ちぐはぐな攻めで無得点に終わった。

3回表
 ヤンキースは、先頭のカブレラ、カノといずれも内野ゴロに倒れて、簡単に2死となる。しかし、フィリップスがレフトへ今季1号ソロをたたき込み、先制点を挙げた。1番に戻って、デーモンはファーストゴロで攻撃終了。先発カブレラは9番打者にソロ本塁打を許し、先制点を献上。

3回裏
 1点を追うオリオールズは、1死からバコが四球で出塁する。続くペイトンは犠牲バントで走者を送り、2死ながら得点圏に走者を進める。この場面で1番ロバーツがライトへ今季5号2ランを放ち、逆転に成功した。続くファヘイは見逃し三振を喫して攻撃終了。王建民は手痛い一発を浴びた。

4回表
 逆転を許したヤンキースは2番ジーターからの好打順。反撃に転じたいところ。先頭のジーターがサード内野安打で出塁。続く松井がライト前ヒットでつなぎ、無死一、三塁とチャンスを広げる。ここでロドリゲスがレフトへ犠牲フライを打ち上げて、同点に追いついた。なおも、1死一塁から5番ポサダが四球を選び、1死一、ニ塁となる。続くアブレイユも四球で歩き、1死満塁のビッグチャンスを迎える。このチャンスに、7番カブレラはファーストゴロに倒れたが、その間に松井が生還。逆転に成功した。さらに、カノは死球を受けて、2死ながら再び満塁。突き放す機会だったが、前の打席で本塁打を放ったフィリップスはファーストファウルフライに打ち取られ、3者残塁に終わった。オリオールズ先発カブレラは突如乱れて2失点。

4回裏
 すぐに試合をひっくり返されたオリオールズは、1死からミラーがこの試合2本目のヒットで出塁する。続くハフの打席で、ミラーが盗塁に失敗。ハフはピッチャーゴロに終わり、結局3人で攻撃を終えた。

5回表
 1点リードのヤンキースは1番デーモンから。追加点を奪いたい。先頭のデーモンはセンターフライに倒れて出塁できず。続くジーターはセカンドゴロで2死となる。前の打席でヒットを放った松井もライトフライに打ち取られ、簡単に3人で攻撃を終了した。

5回裏
 1点ビハインドのオリオールズは、先頭のモーラがセンター前ヒットで出塁する。無死の走者を大事にしたかったが、ギボンズがセカンドゴロ併殺打。この試合3つめの併殺でチャンスをつぶすと、続くバコがセンターフライに打ち取られ、無得点に終わった。

6回表
 ヤンキースは先頭のロドリゲスがレフトフライに倒れた後、ポサダがライト前ヒットで出塁する。しかし、アブレイユ、カブレラが凡退して、得点ならず。

6回裏
 オリオールズは、先頭のペイトン、続くロバーツがセンターフライで2死。2番ファヘイはサードゴロに打ち取られ、3者凡退に終わった。

7回表
 1点リードのヤンキースは、先頭のカノがレフトへのニ塁打でチャンスメークする。9番フィリップスは犠牲バントで走者を送り、1死三塁。1番に戻って、デーモンはセンター前へタイムリーヒットを放ち、貴重な追加点を奪った。オリオールズは先発カブレラをあきらめ、右腕シューエイに継投。1死一塁から、2番ジーターはサードの送球エラーで出塁して1死一、三塁。ここで松井が登場する。松井の打席で、シューエイがワイルドピッチ。ジーターがニ塁へ進み、1死ニ、三塁となる。松井はフルカウントから四球選び、1死満塁となった。一気に決めたいヤンキースだったが、4番ロドリゲスがショートゴロ併殺打に倒れて1点どまり。

7回裏
 2点を追うオリオールズは、先頭のマーカキスがレフト前ヒットで出塁する。続くこの試合2安打のミラーがライトへタイムリー三塁打を放ち、1点差に詰め寄った。ミラーの代走にバイナムを送る。5番ハフはセカンドゴロで走者をかえすことができず。続くモーラは四球で歩き、1死一、三塁。このチャンスにギボンズがセンターへ2点タイムリー二塁打。見事な一撃で、再び逆転した。ギボンズの代走にパターソンを送る。1死二塁から8番バコの打席で、パターソンが三塁盗塁に成功。ポサダの悪送球も重なり、パターソンは生還し、6点目を奪った。バコは四球で出塁。ここでヤンキースは先発の王建民をあきらめ、右腕ビスカイーノに継投する。9番ペイトンは空振り三振に倒れたが、1番ロバーツはライト前ヒットでつなぎ、2死一、ニ塁と得点機をつくる。ここで雨のため一時中断。試合が再開され、ヤンキースは下手左腕マイヤーズを投入する。2番ファヘイはサードゴロに倒れて、この回の長い攻撃を終了した。

8回表
 オリオールズは3番手に左腕パリッシュを送る。2点を追うヤンキースは、先頭のポサダが四球で出塁する。続くアブレイユも四球で出て無死一、ニ塁。7番カブレラは、レフトへタイムリーニ塁打を放ち、1点差に詰め寄った。なおも、無死二、三塁と絶好の得点機。続くカノはセカンドゴロに倒れたが、この間にアブレイユが生還して、同点に追いついた。1死二塁。オリオールズは同点の場面で守護神、右腕レイを投入する。9番フィリップスはサードゴロで走者を進めることができず。しかし、1番に戻ってデーモンがセンター前ヒットでつなぎ、2死一、三塁と一打逆転の場面を迎える。ここで勝負強いキャプテン、ジーターの登場。ジーターの打席で、デーモンが盗塁に成功して2死二、三塁となると、ジーターはセンター前へ2点タイムリー。一気に勝ち越した。ジーターはニ塁へ進む。ここでまたしても雨のため中断。雨がやまないため、試合はサスペンデッドゲームとなった。8回表2死二塁、ヤンキースが8-6とリードした状況で、7月27日に再開される。

松井秀喜 /3打数1安打
第1打席 ショートフライ
第2打席 ライト前ヒット
第3打席 ライトフライ
第4打席 四球
[PR]
by softball_park | 2007-06-29 22:59 | ヤンキース
メジャー6・27
ヤンキース
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
オリオールズ
0 0 0 0 0 4 0 0 X 4

勝:ベダード  負:クレメンス  S:
ヤンキース: クレメンス、ブラニー、リベラ
オリオールズ: ベダード、ウォーカー、ブラッドフォード

本塁打: ハフ5号

1回表
 オリオールズは左腕ベダードが先発。先制点の欲しいヤンキースだが、先頭のデーモンが見逃し三振、ジーターが空振り三振、続く松井は見逃し三振と、3者連続三振に切って取られた。

1回裏
 ヤンキースの先発は豪腕ロジャー・クレメンス。オリオールズは先頭のロバーツがファーストゴロに倒れ1死後、ゴメスがセンター前ヒットで出塁する。しかしマーカキスがセカンドゴロ併殺打に打ち取られ、3者凡退で終わった。


2回表
 ヤンキースはロドリゲスが見逃し三振を喫する。ポサダがレフトへのヒットを放つも、続くアブレイユがレフトフライ、カブレラはセカンドゴロに打ち取られ、走者残塁となった。

2回裏
 オリオールズの攻撃は先頭のヘルナンデスがセンターフライに打ち取られる。ハフはサードゴロに倒れ、2死走者なし。モーラはピッチャーゴロに切って取られた。


3回表
 ヤンキースは先頭のカノが見逃し三振、続くカイロがサードゴロに倒れる。デーモンはファーストゴロに打ち取られ、簡単に攻撃を終えた。

3回裏
 オリオールズはミラーがセカンドゴロ、ギボンズがセンターライナーに倒れる。パターソンはライトフライに仕留められ、走者を出せず。


4回表
 ヤンキースの攻撃は2番ジーターからの好打順。ジーターがライトフライに倒れ1死後、松井がサード内野安打で出塁する。続くロドリゲスのサードゴロで二塁封殺となり、2死一塁。ポサダは見逃し三振を喫した。

4回裏
 オリオールズは先頭のロバーツがレフトへのヒットで出塁する。ゴメスがセンターフライに打ち取られ、1死一塁。続くマーカキスの打席でロバーツが盗塁に成功。マーカキスはファーストゴロに倒れるも、ロバーツは三塁へ進み、2死三塁と得点のチャンスを迎える。ヘルナンデスが四球で歩き、2死一、三塁。しかしハフがショートゴロに仕留められ、得点ならず。

5回表
 ヤンキースの攻撃は、先頭のアブレイユがセカンドゴロに倒れる。カブレラはバントを試みるもサードゴロとなり、2死走者なし。カノが四球を選び塁に出るも、続くカイロがショートゴロに打ち取られ、攻撃終了となった。オリオールズ先発のベダードからヤンキースはここまで2安打。


5回裏
 オリオールズはモーラがショートゴロ、ミラーがセカンドフライに打ち取られる。ギボンズが四球で歩き、2死からの走者を出すと、パターソンがライトへの二塁打で続く。2死ニ、三塁の場面だったが、ロバーツがセカンドゴロに倒れ、得点チャンスを生かせなかった。


6回表
 ヤンキースはデーモンがピッチャーゴロ、ジーターは空振り三振に倒れる。松井はセカンドフライに打ち取られ、3者凡退で終わった。

6回裏
 オリオールズは先頭のゴメスがセンターへのヒットで出塁。マーカキスが四球で歩き、無死一、二塁とする。この好機に4番ヘルナンデスがセンター前ヒットを放つ。ゴメスが生還し、オリオールズが1点を先制。なお無死一、二塁。続くハフが左中間へ3点本塁打を叩き込み、3点を加える。モーラはライトフライに倒れるも、ミラーがレフトへのヒットを放ち、1死一塁。ギボンズがサードフライ、パターソンはショートゴロに打ち取られ、攻撃を終えるもオリオールズがこの回4点を奪った。


7回表
 4点を追うヤンキース。ロドリゲスが空振り三振、ポサダがセカンドゴロに打ち取られ、アブレイユはファーストゴロに倒れた。

7回裏
 ヤンキースはこの回から2番手のブラニーがマウンドに上がる。オリオールズは、先頭のロバーツがセカンドゴロに倒れる。続くゴメスはライトフライ、マーカキスがサードファウルフライに打ち取られた。

8回表
 オリオールズはこの回から2人目のウォーカーがマウンドへ。ヤンキースはカブレラがセンターへのヒットで出塁する。しかし後続のカノが空振り三振、カイロの代打で出場のフィリップスがレフトフライ、デーモンはショートゴロに打ち取られた。

8回裏
 ヤンキースはリベラをマウンドに送る。オリオールズはヘルナンデスがセカンドゴロ、ハフがセンターフライに倒れる。モーラはセカンドゴロに仕留められ、3人で攻撃を終えた。

9回表
 オリオールズはブラッドフォードを投入。ヤンキースは先頭のジーターがショート内野安打で塁に出る。松井のショートゴロで二塁封殺となるも、ロドリゲスがライト前ヒットを放ち、1死一、二塁。ポサダは空振り三振を喫し2死となる。アブレイユはファーストゴロに倒れ、試合終了。

松井秀喜 /4打数1安打
第1打席 見逃し三振
第2打席 サード内野安打
第3打席 セカンドフライ
第4打席 ショートゴロ
[PR]
by softball_park | 2007-06-28 22:59 | ヤンキース
メジャー6・26
ヤンキース
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
オリオールズ
0 0 1 1 0 0 0 0 1X 3

勝:レイ  負:プロクター
ヤンキース: ペティット、ファーンズワース、プロクター
オリオールズ: ガスリー、ウォーカー、ブラッドフォード、レイ

本塁打: デーモン5号

1回表
 オリオールズは右腕ガスリーが先発マウンドへ上がる。ヤンキースはデーモンが空振り三振、ジーターはショートゴロで2死走者なしとなり、松井の第1打席。初球ボールの後、2球目を狙うもレフトライナーに倒れた。

1回裏
 ヤンキースの先発はベテラン左腕ペティット。オリオールズはロバーツがショートゴロに倒れるも、2番ゴメスがライト前ヒットで塁に出る。しかし、続くマーカキスがショートゴロ併殺打に仕留められ、攻撃終了。初回は両チームとも無得点に終わった。

2回表
 ヤンキースは4番ロドリゲスからの攻撃だったが、サードゴロ。ポサダは見逃し三振、カノがサードゴロに倒れて3者凡退。ヤンキース打線はまだヒットが出ず。

2回裏
 オリオールズは先頭のヘルナンデスが四球で出塁。2死後、ミラーのライト前ヒットで一、三塁のチャンスをつくる。先制点のほしいオリオールズだったが、続くペイトンはセカンドゴロに打ち取られた。

3回表
 ヤンキースはカブレラがキャッチャーゴロ、アブレイユはレフトライナーで2死となる。しかし、9番カイロがレフト前ヒットを放ち、ヤンキースに初ヒット。何とか走者を進めたいところだったが、1番デーモンは空振り三振に切って取られた。

3回裏
 オリオールズはパターソンがレフト前ヒットを放ち、無死の走者が出る。パターソンはすかさず二盗に成功。続くロバーツは四球で歩き、無死一、二塁となる。ゴメスが送りバントを決めて、1死二、三塁。マーカキスはセカンドゴロに倒れるも、この間にオリオールズが1点を先制。なおも2死三塁だったが、ヘルナンデスはサードゴロに打ち取られ、1点どまり。

4回表
 1点を先制されたヤンキース。先頭のジーターがセンター前ヒットで出塁する。しかし、続く松井はセカンドゴロで二塁封殺。さらに、ロドリゲスがショートゴロ併殺打に仕留められ、ヤンキースはせっかくのチャンスを逃した。

4回裏
 オリオールズは1死後、モーラが四球で出塁。ミラーはライト前ヒットを放ち、1死一、二塁とチャンスを広げる。ペイトンはセカンドフライに倒れるも、続くパターソンのセカンド内野安打でオリオールズが1点を追加。なおも2死一、三塁とチャンスが続いたが、ロバーツはレフトフライに打ち取られた。

5回表
 2点を追うヤンキースは、先頭のポサダが四球で塁に出る。しかし、カノは粘るもショートゴロ併殺打に倒れ、2死走者なし。続くカブレラがファーストゴロに打ち取られ、結局3人で攻撃を終えた。

5回裏
 オリオールズは1死後、マーカキスが右中間へ二塁打を放つ。ヘルナンデスはショートゴロに打ち取られるも、この間にマーカキスが三塁へ進む。ハフは粘って四球を選び、2死一、三塁。さらにモーラも四球となり、2死満塁のチャンス。しかし、続くミラーがショートフライに倒れてしまい、走者残塁となった。

6回表
 そろそろ反撃したいヤンキースは、アブレイユが見逃し三振に倒れるも、カイロはライト前ヒットで出塁する。1死一塁。続く1番デーモンがライトスタンドへ今季5号同点2ランをたたき込む。ジーターはライト前ヒットを放ち、1死一塁。松井は見逃し三振に切って取られるが、4番ロドリゲスのレフト前ヒットで2死一、二塁とチャンスを広げる。しかし、ポサダは空振り三振に仕留められ、ヤンキース逆転はならず。

6回裏
 試合を振り出しに戻されたオリオールズ。1死後、パターソンがレフト前ヒットで出塁するも、二盗に失敗。2死走者なしとなり、ロバーツは見逃し三振に切って取られた。

7回表
 ヤンキースはカノがセンターフライに倒れるも、カブレラはライト前ヒットで出塁。ここでオリオールズは2番手ウォーカーに継投する。アブレイユはセンター前ヒットで続き、1死一、三塁。勝ち越しのチャンスだったが、カイロはセンターフライ、デーモンがセカンドゴロに倒れて攻撃終了となった。

7回裏
 オリオールズは1死後、マーカキスがセンター前ヒットを放つも二塁を狙ってタッチアウト。2死走者なしとなり、続くヘルナンデスはサードゴロに打ち取られた。

8回表
 オリオールズは3番手ブラッドフォードに投手交代。ヤンキースの攻撃はジーターと松井がともにセカンドゴロ。ロドリゲスはショートゴロに打ち取られ、3者凡退に終わった。

8回裏
 ヤンキースは2番手ファーンズワースに投手交代。オリオールズはハフがサードライナーに倒れるも、モーラのレフト前ヒットで勝ち越しの走者が出る。モーラは二盗を決めて、1死二塁。しかし、ミラーはサードゴロ、代打ギボンズが空振り三振に切って取られ、チャンスを逸した。

9回表
 オリオールズは4番手レイに投手交代。ヤンキースは先頭のポサダが四球で出塁するも、カノは送りバント失敗。走者を二塁へ進められず、1死一塁。カブレラは四球を選ぶ。アブレイユがショートゴロに倒れるも、2死一、三塁。追加点のチャンスだったが、続くカイロはセカンドゴロに打ち取られ、無得点に終わった。

9回裏
 ヤンキースは3番手プロクターを投入。オリオールズは先頭のパターソンが粘って四球で出塁し、サヨナラの走者が出る。ロバーツはレフト前ヒットで続き、無死一、二塁。続くゴメスは送りバント失敗で走者動けず。しかし、マーカキスはストレートの四球となり、1死満塁。ヘルナンデスはフルカウントから1球ファウルを挟んだ後、7球目を見送って四球。押し出し四球となり、オリオールズがサヨナラ勝利を収めた。


松井秀喜 /4打数0安打
第1打席 レフトライナー
第2打席 セカンドゴロ
第3打席 見逃し三振
第4打席 セカンドゴロ
[PR]
by softball_park | 2007-06-27 22:59 | ヤンキース
プロ野球6・26
横浜 3 - 2 日本ハム
横浜
7回裏に同点に追い付き、勢い付いた横浜は、続く8回に2死三塁から金城が適時打を放ち勝ち越しに成功。最終回を守護神・クルーンが3者連続三振で締め、交流戦を白星で終えた。一方、日本ハムは8回の満塁の好機で得点できずセ・リーグ全球団から勝ち越しはならなかった。


楽天 10 - 6 巨人
フルスタ宮城
楽天は2回裏、嶋・渡辺直の連続適時打で3点を先制。直後に2点を失うも5、6回に高須・山崎武の適時打などで2点ずつ追加した。援護を受けた先発・田中は高橋由に2本塁打を浴びるなど、7回を投げて4失点するも5勝目。楽天は交流戦最後にして巨人に一矢を報いた。
[PR]
by softball_park | 2007-06-26 23:00 | ジャイアンツ
メジャー6・25
レッドソックス
0 0 2 0 0 0 0 0 2 4
マリナーズ
0 1 0 0 5 0 3 0 X 9

勝:ウィーバー  負:タバレス  S:
レッドソックス: タバレス、スナイダー、ティムリン、ロペス
マリナーズ: ウィーバー、オフラハティ、グリーン、シェリール、ローランド・スミス

マリナーズが1点を追う5回、打者一巡の猛攻を見せて一挙5点を奪うと、7回には城島の本塁打を含む3点を追加した。投げては5人の投手リレーでレッドソックス打線に的を絞らせず、9-3で勝利した。
イチロー /4打数0安打
城島健司 /3打数1安打3打点
[PR]
by softball_park | 2007-06-26 22:59 | 試合結果
プロ野球6・25
ロッテ 2 - 4 横浜
千葉マリン

横浜は2回表、金城のソロで先制。3回には金城の2点タイムリー、吉村の犠飛で3点を追加した。投げては先発・工藤が緩急を巧みに使い、8回途中2失点の好投で、今季2勝目を挙げた。チームはこれで5連勝。一方のロッテは終盤に追い上げるも、あと1歩及ばなかった。
[PR]
by softball_park | 2007-06-25 23:00 | 試合結果
メジャー6・24
ヤンキース
0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
ジャイアンツ
0 2 0 1 0 0 1 3 X 7

勝:ロウリー  負:ムシーナ
ヤンキース: ムシーナ、ブラニー、ビスカイーノ、クレメンス、ファーンズワース、ビローン
ジャイアンツ: ロウリー、サンチェス、メッセンジャー、タシュナー

松井秀喜 /4打数1安打
第1打席 ライト前ヒット
第2打席 ファーストゴロ
第3打席 ファーストゴロ
第4打席 センターフライ

レッズ
1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
マリナーズ
0 0 0 0 0 2 1 0 X 3
勝:オフラハティ  負:アローヨ  S:プッツ
レッズ、グリフィーの2本の本塁打で2点を奪われたマリナーズが、6回にブルサードの二塁打で同点に追い付くと、7回に貴重な1点を追加した。投げては4人の投手リレーで逃げ切り、3-2で勝利。
イチロー /3打数2安打
[PR]
by softball_park | 2007-06-25 22:59 | ヤンキース
トップ