カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2007年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
メジャー10・25 ワールドシリーズ
ロッキーズ
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
レッドソックス
0 0 0 1 1 0 0 0 X 2

勝:シリング  負:ヒメネス  S:パペルボン
ロッキーズ: ヒメネス、アフェルト、ハージェス、フエンテス、コルパス
レッドソックス: シリング、岡島、パペルボン

ワールドシリーズ(7回戦制)のレッドソックスvs.ロッキーズ第2戦が25日、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われ、レッドソックスが2-1で接戦を制した。4回にバリテックの犠牲フライで同点に追い付いたレッドソックスが5回、ローウェルのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。1点のリードを奪うと、シリング、岡島、パペルボンの継投で逃げ切った。
[PR]
by softball_park | 2007-10-26 22:59 | 試合結果
メジャー10・24 ワールドシリーズ
ロッキーズ
0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
レッドソックス
3 1 0 2 7 0 0 0 X 13

勝:ベケット  負:フランシス
ロッキーズ: フランシス、モラレス、スパイアー、ハージェス、アフェルト、ホーキンス
レッドソックス: ベケット、ティムリン、ガニエ

本塁打: ペドロイア1号

ワールドシリーズ(7回戦制)のレッドソックスvs.ロッキーズ初戦が24日、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われ、レッドソックスが13-1で先勝した。レッドソックスの一方的な展開となった。初回に3点を先制すると、その後も3回に1点、4回に2点を追加。さらに5回には打者一巡の猛攻で一挙7点を奪った。打線が17安打13得点と大爆発したレッドソックスは、投げても先発ベケットが7回9奪三振1失点と好投。投打にかみ合い、シリーズを白星スタートで飾った。
[PR]
by softball_park | 2007-10-25 22:59 | 試合結果
メジャー10・21 レッドソックス ア・リーグチャンピオン
インディアンス
0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
レッドソックス
1 1 1 0 0 0 2 6 × 11

勝:松坂  負:ウエストブルック  S:パペルボン
インディアンス: ウエストブルック、ベタンコート、ルイス
レッドソックス: 松坂、岡島、パペルボン

本塁打: ペドロイア1号、ユーキリス3号

レッドソックスの松坂大輔が21日、アメリカンリーグ優勝決定シリーズ第7戦、インディアンス相手に先発登板。5回2失点と先発の役割を果たし、プレーオフ初勝利を挙げた。また、レッドソックスの岡島秀樹が松坂の後を継いで、6回から登板。2回0/3を投げて無失点に抑えた。試合はレッドソックスが11-2で勝利。ワールドシリーズ進出を決めた。レッドソックスが初回にラミレスのタイムリーで1点を先制、2、3回にも追加点を挙げ3点をリードする展開。4回に1点を返され、5回にも犠牲フライで1点差に迫られたが、7回にペドロイアの2ランで引き離すと、8回には6点を奪い突き放した。最後はパペルボンが締めて、見事にア・リーグチャンピオンに輝いた。
[PR]
by softball_park | 2007-10-22 22:59 | 試合結果
メジャー10・20 プレーオフ
インディアンス
0 1 0 0 0 0 1 0 0 2
レッドソックス
4 0 6 0 0 0 0 2 X 12

勝:シリング  負:カルモナ  S:
インディアンス: カルモナ、ペレス、ラフィー、ボロースキー
レッドソックス: シリング、ロペス、ガニエ

本塁打: ドリュー1号、マルティネス1号

レッドソックスが20日、本拠地でインディアンスとのアメリカンリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第6戦に12-2で勝ち、対戦成績を3勝3敗とした。レッドソックス打線が大爆発。初回にドリューの満塁本塁打で先制すると、3回には打者一巡の猛攻で一挙6点を追加した。終盤8回にもローウェルのタイムリーヒットなどでダメ押しの2点。投げては先発のベテラン右腕シリングが7回2失点の好投で、インディアンス打線の反撃を封じた。
[PR]
by softball_park | 2007-10-21 22:59 | 試合結果
プロ野球10・20 クライマックスシリーズ
中日
0 0 0 3 0 0 1 0 0 4
巨人
0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
東京ドーム

勝利投手 中田
セーブ 岩瀬
敗戦投手 高橋尚
本塁打
[ 中日 ] ウッズ 2号(4回表3ラン)、谷繁 1号(7回表ソロ)
[ 巨人 ] 二岡 1号(2回裏ソロ)

巨人vs 中日
中日が3連勝で日本シリーズ進出を決めた。中日は1点ビハインドで迎えた4回表、1死一二塁からウッズに3ランが飛び出し逆転に成功。7回には谷繁のソロでリードを広げた。投げては先発・中田が、8回途中2失点11奪三振の好投を見せると、最後は守護神・岩瀬が締めた。
[PR]
by softball_park | 2007-10-20 23:00 | ジャイアンツ
プロ野球10・19 クライマックスシリーズ
中日
0 1 0 2 0 0 3 0 1 7
巨人
1 0 0 0 0 0 3 0 0 4
東京ドーム

勝利投手 川上
セーブ 岩瀬
敗戦投手 木佐貫
本塁打
[ 中日 ] 李 1号(9回表ソロ)
[ 巨人 ] ホリンズ 1号(7回裏3ラン)

巨人vs 中日
同点で迎えた4回表、中日は荒木の適時二塁打などで2点を勝ち越すと、7回には李の2点適時三塁打と谷繁の適時打で加点。その後ホリンズの3ランで再び2点差となるも、9回に李のソロで貴重な追加点を挙げた。これで中日は2連勝とし、日本シリーズ進出へ王手をかけた。
[PR]
by softball_park | 2007-10-19 23:00 | ジャイアンツ
メジャー10・18 プレーオフ
レッドソックス
1 0 1 0 0 0 2 3 0 7
インディアンス
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:ベケット  負:サバシア 
レッドソックス: ベケット、パペルボン
インディアンス: サバシア、ベタンコート、ペレス、マストニー

本塁打: ユーキリス2号

アメリカンリーグ優勝決定シリーズ第5戦、インディアンスvs.レッドソックスが18日、インディアンスの本拠地で行われた。インディアンスがワールドシリーズへ王手をかけて迎えた試合は、レッドソックスが7-1で勝利を収めシリーズを2勝3敗とした。レッドソックスが初回にユーキリスのソロ本塁打で1点を先制。3回にラミレスのタイムリーヒットで1点を奪い勝ち越しに成功すると、終盤に5点を奪い試合を決定付けた。投げては先発のベケットが8回を1失点の快投を見せ、最後は守護神パペルボンが試合を締めた。
[PR]
by softball_park | 2007-10-19 22:59 | 試合結果
プロ野球10・18 クライマックスシリーズ
ロッテ
0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
日本ハム
0 0 3 1 2 0 0 0 X 6
札幌ドーム

勝利投手 ダルビッシュ
セーブ
敗戦投手 成瀬
本塁打 [ 日本ハム ] セギノール 1号(3回裏3ラン)

日本ハムvs.ロッテ
日本ハムが日本シリーズ進出を決めた。日本ハムは3回裏、セギノールの3ランで先制すると、4回には鶴岡の適時二塁打、5回には工藤の適時打などで加点。投げては中4日で先発したダルビッシュが、7回途中1失点の好投で2勝目を挙げ、第2ステージのMVPを獲得した。

中日
0 0 2 2 0 0 0 1 0 5
巨人
0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
東京ドーム

勝利投手 小笠原
セーブ 岩瀬
敗戦投手 内海
本塁打
[ 中日 ] ウッズ 1号(4回表2ラン)
[ 巨人 ] 谷 1号(5回裏ソロ)

巨人vs.中日
巨人のミスに乗じた中日が第2ステージ初戦を制した。中日は3回表、敵失と2つの四球で満塁にすると、谷繁の中前打で2点を先制。続く4回にはウッズの2ランで加点した。先発・小笠原は5回1失点の好投。その後は、小刻みな継投から守護神・岩瀬につなぎ逃げ切った。
[PR]
by softball_park | 2007-10-18 23:00 | ジャイアンツ
メジャー10・16 プレーオフ
レッドソックス
0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
インディアンス
0 0 0 0 7 0 0 0 × 7

勝:バード  負:ウェイクフィールド  S:
レッドソックス: ウェイクフィールド、デルカーメン、レスター
インディアンス: バード、ルイス、ベタンコート

本塁打: ブレイク1号、ペラルタ2号、ユーキリス1号、オルティーズ1号、ラミレス2号

アメリカンリーグ優勝決定シリーズのインディアンスvs.レッドソックス第4戦が、インディアンスの本拠地で行われ、インディアンスが7-3で快勝。ワールドシリーズ進出に王手をかけた。インディアンスが5回にブレイクのソロ本塁打で先制すると、ペラルタの3ラン、ブレイクのタイムリーなどで一挙に7点を奪った。6回にレッドソックスのユーキリス、オルティーズ、ラミレスに3者連続本塁打を許したが、その後はリリーフ陣が好投。
[PR]
by softball_park | 2007-10-17 22:59 | 試合結果
プロ野球10・16 クライマックスシリーズ
ロッテ
0 0 0 0 0 2 0 0 3 5
日本ハム
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝利投手 川崎
敗戦投手 武田勝
本塁打 [ ロッテ ] 里崎 3号(6回表2ラン)

日本ハムvs.ロッテ
ロッテは1点を先制された直後の6回表、里崎の2ランで一気に逆転。9回には日本ハムの守護神・MICHEALを攻め、里崎の適時打などで3点を追加し試合を決めた。これで対戦成績は2勝2敗となり、クライマックスシリーズ第2ステージは第5戦までもつれ込んだ。
[PR]
by softball_park | 2007-10-16 23:00 | 試合結果
トップ