カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2008年 05月 ( 53 )   > この月の画像一覧
松井秀喜 9試合連続安打
ヤンキースの松井秀喜が31日、敵地でツインズとの4連戦第2戦に「5番・DH」で先発出場し、1安打を記録した。試合はヤンキースが延長戦を制し、3連勝を飾った。

ヤンキースが2点ビハインドで迎えた3回、ロドリゲスのタイムリーなどで逆転に成功するも、すぐに同点に追い付かれた。6回には3点を奪い勝ち越しに成功したが、7回に再び同点とされると、試合は延長戦に突入。迎えた延長12回、デーモン、ジーターの連続安打でチャンスをつくると、アブレイユが値千金のセンター前ヒットを放ち、ヤンキースが1点を奪い、長い均衡を破った。最後は守護神リベラが試合を締めくくり、ヤンキースが7-6で勝利を収めた。

松井は第1打席にレフトフェンス直撃の二塁打を放ち、9試合連続安打をマーク。第2打席はセカンドロ。第3打席に四球で出塁すると、後続のタイムリーで勝ち越しのホームを踏んだ。第4打席はセンターフライ、第5打席はサードファウルフライ、第6打席は四球。この日は4打数1安打で、打率はアメリカンリーグ首位打者の3割3分7厘。
[PR]
by softball_park | 2008-05-31 23:01 | ヤンキース
巨人 連敗・・・
交流戦

日本ハム 2 - 1 阪神
札幌ドーム

楽天 8 - 3 広島
Kスタ宮城

西武 3 - 4 中日
西武ドーム

ロッテ 7 - 1 横浜
千葉マリン

オリックス 3 - 9 ヤクルト
スカイマーク

ソフトバンク 3 - 1 巨人
ヤフードーム

5/31(土)ソフトバンクvs.巨人1回戦
ソフトバンクは0-0で迎えた4回裏、長谷川と的山の適時打で3点を先制。投げては先発・杉内が、巨人打線を1失点に抑える好投を見せ、今季5勝目を完投で飾った。これでチームは3連勝。巨人は先発・野間口が7回途中3失点と力投するも打線が援護できず連敗となった。
[PR]
by softball_park | 2008-05-31 23:00 | ジャイアンツ
松井秀喜 3安打猛打賞
ヤンキースの松井秀喜が30日、敵地でツインズとの4連戦初戦に「4番・レフト」で先発出場し、3安打猛打賞の大暴れで打率を3割3分9厘に上昇、アメリカンリーグ首位打者の座を守った。松井のタイムリーヒットが決勝点となり、ヤンキースは6-5で競り勝ち、勝率を5割に復帰させた。

ヤンキースが初回、松井のタイムリーヒットで1点を先制。その裏に4点を奪われて逆転を許すも、3回に1点、4回に2点を返して同点に追い付いた。5回にロドリゲスのタイムリーヒットでヤンキースが勝ち越すと、終盤7回には松井のこの日2本目のタイムリーヒットで貴重な追加点を挙げた。一方、先発ムシーナは味方守備のエラーも絡んで初回4失点(自責点2)と立ち上がりに苦しんだものの、2回以降は無失点に抑えて6回を投げ切り、今季8勝目(4敗)。リリーフのファーンズワースが8回にソロ本塁打を浴びて1点差に詰め寄られたが、最後はリベラで締めてヤンキースが逃げ切った。

松井は1回2死二塁の第1打席に外角のカーブをとらえると、レフト前へ落ちる先制のタイムリーヒット。3回無死一塁の第2打席はセカンドゴロ併殺打。5回無死二塁の第3打席は真ん中高めの初球ストレートをたたき、ライト前ヒット。7回無死一、三塁の第4打席も初球、真ん中のストレートを当ててショート強襲のタイムリー内野安打。9回1死二塁の第5打席は敬遠四球。9回裏の守備には就かなかった。この日は4打数3安打2打点1四球。
[PR]
by softball_park | 2008-05-30 23:01 | ヤンキース
巨人 再び借金生活
交流戦

巨人 2 - 4 楽天
東京ドーム

ヤクルト 2 - 3 日本ハム
神宮

横浜 5 - 6 ソフトバンク
北九州

中日 1 - 5 オリックス
ナゴヤドーム

阪神 8 - 4 ロッテ
甲子園

広島 3 - 1 西武
広島

5/29(木)巨人vs.楽天2回戦
楽天は逆転を許した直後の4回表、山崎武のソロですぐさま同点とすると、6回にはリックに2点適時二塁打が飛び出し勝ち越しに成功。投げては先発・朝井が7回を5安打2失点、9奪三振の好投で今季5勝目を挙げた。巨人は、好機にあと1本が出ず、再び借金生活となった。
[PR]
by softball_park | 2008-05-29 23:00 | ジャイアンツ
松井秀喜 2得点マルチヒット
ヤンキースの松井秀喜が28日、敵地でオリオールズとの3連戦最終戦に「5番・DH」で先発出場し、2本の二塁打を放ち、積極的な走塁で先制とダメ押しのホームを踏むなどチームの勝利に貢献した。

ヤンキースが2回、松井の二塁打を足掛かりに、ジアンビーのタイムリーヒットで1点を先制した。ヤンキースは3回にオリオールズのモーラに第7号2ラン本塁打を浴びて逆転されたが、4回にジアンビーの第11号ソロ本塁打ですぐに同点に追い付くと、5回にはジーターの犠牲フライで逆転に成功した。さらに9回には松井の2本目の二塁打をきっかけに、ダメ押しの1点を追加して勝負を決めた。
 ヤンキースは7回途中から先発ペティットの後を継いだチェンバレンと、守護神リベラがオリオールズ打線の追い上げをかわし、4-2で競り勝った。リベラは13セーブ目。

松井は第1打席にショート後方へのフライで、相手野手がボールをはじく間に一気に二塁を陥れた。その後センターフライ、ファーストゴロと凡退したが、第4打席でライトへ再び二塁打を放った。この日は4打数2安打で、打率を3割3分
[PR]
by softball_park | 2008-05-28 23:01 | ヤンキース
巨人 内海哲也 完投勝利
交流戦

巨人 6 - 1 楽天
東京ドーム

ヤクルト 3 - 7 日本ハム
神宮

横浜 2 - 6 ソフトバンク
大分

中日 2 - 4 オリックス
ナゴヤドーム

阪神 4 - 5 ロッテ
甲子園

広島 3 - 5 西武
福山
[PR]
by softball_park | 2008-05-28 22:59 | ジャイアンツ
松井秀喜 勝ち越し打も・・・
ヤンキースの松井秀喜が27日、敵地でオリオールズとの3連戦第2戦に「5番・レフト」で先発出場、9回の勝ち越し機には凡退を喫したものの、延長11回表に“一躍ヒーロー”となるタイムリーヒットを放った。しかし、ヤンキースはその裏、松井の挙げた1点リードを守り切れず、9-10で延長逆転サヨナラ負け。この日勝てば最下位脱出のヤンキースだったが、力尽きて2連敗を喫した。

ヤンキース先発のケネディ、オリオールズ先発のバレスの乱調で、前半は両チーム合わせて9本塁打が飛び出す乱打戦。ヤンキースが先行すると、オリオールズがすぐさま追い付くシーソーゲームとなった。しかし、後半6回以降はリリーフ陣が踏ん張ってゼロ行進が続き、試合はついに延長戦へ突入。決着が付いたのは11回裏、1点の勝ち越しを許したオリオールズがハフのタイムリー二塁打で同点とすると、最後はシントロンのタイムリーヒットで劇的サヨナラ勝利。ヤンキースは9回、10回の2イニングを守護神リベラの力投で無失点に抑えたものの、代わったホーキンスがリードを死守できなかった。

松井の第1打席はセカンドゴロ。第2打席はセンターフライ。第3打席はセカンドゴロ。第4打席はレフトフライ。同点の9回2死二、三塁の第5打席はファーストライナー。ここまで5打数無安打を喫し、オリオールズ投手陣の前に完ぺきに封じ込まれた松井。しかし、延長11回にドラマは起きた。2死一、二塁で迎えた第6打席、外角低めのストレートをバットの先でうまくとらえると、打球はセンター前へ抜ける勝ち越しタイムリーヒット。松井はその裏の守備には就かず、試合終了の瞬間を苦い思いでベンチから見つめることとなった。この日は6打数1安打1打点、打率は3割2分6厘。
[PR]
by softball_park | 2008-05-27 23:01 | ヤンキース
松井秀喜 3安打・・・
ヤンキースの松井秀喜が26日、敵地でオリオールズとの3連戦初戦に「5番・DH」で先発出場、3安打猛打賞と孤軍奮闘の活躍を見せた。しかし、ヤンキースは1-6で惨敗を喫し、連勝は「5」でストップ。再びアメリカンリーグ東地区最下位に転落。

オリオールズの先発オルソン、ヤンキースの先発ラズナーが好投を演じ、中盤まで投手戦の展開となった。均衡が破れたのは6回、オリオールズがマーカキスの今季9号ソロ本塁打で1点を先制。すると、ラズナー降板後の7回にオリオールズ打線が爆発。ハフの今季8号3ランを含む4長短打で一挙5点を追加した。オリオールズは3投手の継投策で、ヤンキースの強力打線相手に散発の5安打1失点に抑えて快勝した。

松井の第1打席はセンター前ヒット。3回2死一、二塁の第2打席は値千金のライト前ヒットを放ったものの、二走デーモンがホームでタッチアウトとなった。6回1死二塁の第3打席はセンターフライ。9回の第4打席にライト二塁打を放ち、後続のヒットでホームに生還した。この日は4打数3安打1得点、打率は3割3分1厘
[PR]
by softball_park | 2008-05-26 23:01 | ヤンキース
巨人 バーンサイド 6回2失点初登板初勝利
交流戦

巨人 4 - 3 日本ハム
東京ドーム

ヤクルト 4 - 5 楽天
神宮

横浜 9 - 5 オリックス
横浜

中日 1 - 0 ソフトバンク
ナゴヤドーム

阪神 2 - 1 西武
甲子園

広島 8 - 4 ロッテ
広島

5/26(月)巨人vs.日本ハム2回戦
巨人は1回裏、この日3番に入った木村拓の2ランで先制。1点差とされた直後の4回にはバーンサイドの適時打でリードを広げた。投げては先発・バーンサイドが6回途中2失点と試合を作り、来日初登板初勝利。8回途中から登板したクルーンが、通算100セーブを達成した。
[PR]
by softball_park | 2008-05-26 22:59 | ジャイアンツ
松井秀喜 代打で内野安打 好走塁
松井秀喜の所属するヤンキースとイチロー、城島健司の所属するマリナーズが25日、ヤンキー・スタジアムで3連戦の最終戦として対戦した。イチローは「1番・センター」で先発し、今季第3号のソロ本塁打を含む2安打2打点の活躍。「6番・キャッチャー」でスタメンマスクの城島も2安打。ベンチスタートの松井は代打で登場し、内野安打を放った。試合はヤンキースが終盤に逆転し、5連勝で勝率を5割に戻した。マリナーズは6連敗で借金が「15」となった。

マリナーズが3回にイチローのソロで先制。その後、同点にされたが、4回に2点を奪い勝ち越しに成功。5回に1点取られたが、7回に2点を加え5-2とリードして終盤に入った。しかし、8回にヤンキースのアブレイユにタイムリー二塁打を浴び2点差に迫られると、守護神プッツがロドリゲスに四球、代打松井の内野安打にエラーも絡み、1点差とされる。さらにはカノの犠牲フライ、モリーナのタイムリー二塁打で逆転を許した。マリナーズは5-6で敗れた。
[PR]
by softball_park | 2008-05-25 23:01 | ヤンキース
トップ