カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2008年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧
ヤンキース 連敗・・・
ヤンキースは30日、本拠地ヤンキー・スタジアムでレンジャーズとの3連戦初戦を行い、1-2で惜敗した。松井秀喜は左ひざ痛のため、故障者リスト(DL)入りしている。

ヤンキース先発のムシーナが3回、アメリカンリーグ打点トップのハミルトンに先制タイムリーを許すと、4回にはデービスにタイムリー二塁打を打たれ1点を失った。その裏、ヤンキースはロドリゲスのソロで1点差に迫ったが、その後は打線が沈黙。松井を欠いた打線はレンジャーズ投手陣の前に散発の4安打に終わった。
[PR]
by softball_park | 2008-06-30 23:01 | ヤンキース
サブウエーシリーズ2008 メッツの4勝2敗
ヤンキースは29日、敵地シェイ・スタジアムでメッツとのインターリーグ、通称“サブウェーシリーズ”4連戦最終戦を行い、1-3で惜敗した。また、松井秀喜は左ひざ痛のため、15日間の故障者リスト(DL)入りで欠場している。

メッツが2回にカスティーヨのタイムリーヒットで1点を先制。3回と6回にも1点ずつ加えてリードを広げると、投げてはペレスがヤンキース打線相手に7回3安打1失点の好投を披露。ペレスは今季6勝目(5敗)、ワグナーは同18セーブ目をマークした。一方のヤンキースは打線が散発の4安打と湿り、1点を返すのが精いっぱいで、連勝は2で止まった。

サブウエーシリーズ2008 メッツの4勝2敗
来季からは、ともに新球場になるため、レギュラーシーズンに現在のヤンキースタジアムやシェイ・スタジアムで対戦するのは、今回が最後。
[PR]
by softball_park | 2008-06-29 23:01 | ヤンキース
巨人 ラミレス満塁本塁打 高橋尚成復帰登板で好投
セ・リーグ

ヤクルト 9 - 4 阪神
秋田

横浜 中止 中日
横浜

広島 1 - 6 巨人
広島

パ・リーグ

西武 9 - 5 ロッテ
西武ドーム

オリックス 4 - 9 日本ハム
京セラドーム

ソフトバンク 2 - 15 楽天
ヤフードーム

6/29(日)広島vs.巨人12回戦
巨人は同点で迎えた9回表、高橋由の適時打で勝ち越すと、なおも二死満塁からラミレスが本塁打を放ち試合を決めた。投げては復帰登板の先発・高橋尚が6回途中1失点と好投。最後は同じく復帰登板の上原が締め、巨人が3位の座を守った。広島は守護神・永川が誤算だった。
[PR]
by softball_park | 2008-06-29 23:00 | ジャイアンツ
ヤンキースがサブウェーシリーズ2連勝
ヤンキースは28日、敵地シェイ・スタジアムでメッツとのインターリーグ、通称“サブウェーシリーズ”4連戦第3戦を行い、3-2で接戦を制した。ヤンキースは2連勝で貯金を「7」に伸ばした。また、松井秀喜は左ひざ痛のため、15日間の故障者リスト(DL)入りで欠場している。

1点を先制されたヤンキースが4回無死満塁のチャンスから、内野ゴロの間に同点に追い付くと犠牲フライで逆転に成功。6回には、カノのタイムリーヒットで貴重な追加点を挙げ、結局これが決勝点となった。投げてはヤンキースの先発ペティットが6回を2失点に抑えて今季9勝目(5敗)。また、守護神リベラは今季22セーブ目をマークした。
[PR]
by softball_park | 2008-06-28 23:01 | ヤンキース
巨人 降雨コールド引き分け・・・
セ・リーグ

ヤクルト 2 - 7 阪神
秋田

横浜 3 - 1 中日
横浜

広島 3 - 3 巨人
広島

パ・リーグ

西武 3 - 11 ロッテ
西武ドーム

オリックス 5 - 1 日本ハム
京セラドーム

ソフトバンク 2 - 4 楽天
ヤフードーム

6/28(土)広島vs.巨人11回戦
巨人は3回表、小笠原の2ランで先制に成功。一方の広島はその裏、アレックス・栗原の連続適時打ですぐさま同点に追いつく。5回に両チーム1点ずつ加えるも、7回表巨人の攻撃中に試合開始直後から降り続いていた雨が強くなり降雨コールド。試合は引き分けに終わった。
[PR]
by softball_park | 2008-06-28 22:00 | ジャイアンツ
井川慶 メジャー昇格すぐ降格・・・
松井秀喜の所属するヤンキースは27日、敵地シェイ・スタジアムでメッツとのインターリーグ、通称“サブウェーシリーズ”のダブルヘッダー第2試合を行い、9-0で完勝した。なお、松井は同日のダブルヘッダー第1試合後、左ひざ痛のため15日間の故障者リスト(DL)入りが決定。一方、井川慶は今季2度目のメジャー昇格後、いきなり9回に4番手として登板し、“勝利の味”をマウンド上でかみしめた。

ヤンキースが4回に2点を先制すると、その後も小刻みに追加点を奪いリードを広げた。終わってみれば、1本塁打を含む11安打9得点とヤンキース打線が奮起。また、ヤンキースと契約したばかりで2年ぶりにピンストライプのユニホームを身に着けた先発の右腕ポンソンが、6回を5安打無失点の好投で今季5勝目(1敗)。ヤンキースはダブルヘッダー第1試合の雪辱を果たした。

井川は9点リードの9回に4番手として登板。先頭打者をファーストフライに打ち取るも、直後に2連打を浴びて1死一、二塁とピンチを招く。しかし、落ち着いたピッチングで後続をサードゴロ併殺打に切って取り、1回を無失点に抑えた。
わずか1試合でマイナーに降格した。今季2度目のメジャー生活は、たった20時間で終わった。
[PR]
by softball_park | 2008-06-27 23:02 | ヤンキース
松井秀喜 欠場 故障者リスト(DL)入り・・・
松井秀喜の所属するヤンキースは27日、本拠地ヤンキー・スタジアムでメッツとのインターリーグ、通称“サブウェーシリーズ”のダブルヘッダー第1試合を行い、6-15で大敗を喫した。先発を外れた松井は、3試合連続の欠場となった。

両チームそれぞれ2けた安打を放つ打撃戦。序盤までは1点を追う攻防が繰り広げられたものの、中盤以降はメッツ打線が大爆発。デルガドの今季12号満塁アーチなどでヤンキースを突き放したメッツは、終盤の8回にもデルガドに今季13号3ランが飛び出すなど15得点を奪い、打棒で底力を見せ付けた。
[PR]
by softball_park | 2008-06-27 23:01 | ヤンキース
巨人 グライシンガー5回11安打5失点・・・
セ・リーグ

横浜 1 - 2 中日
横浜

広島 6 - 1 巨人
広島

パ・リーグ

西武 4 - 1 ロッテ
大宮

オリックス 3 - 4 日本ハム
京セラドーム

ソフトバンク 3 - 2 楽天
北九州

6/27(金)広島vs.巨人10回戦
広島は2回裏、シーボルの適時打で先制すると、3回に栗原の3ランで加点。8回には東出のこの日4本目となる安打が適時打となり、リードを広げた。先発・前田健は7回を1失点に抑える好投で今季2勝目。巨人はグライシンガーが5回を11安打、5失点と精彩を欠いた。
[PR]
by softball_park | 2008-06-27 23:00
松井秀喜 欠場 チェンバレン先発初白星
松井秀喜の所属するヤンキースは25日、敵地でパイレーツとのインターリーグ3連戦第2戦を行い、10-0で勝利を収めた。先発を外れた松井は、2試合連続の欠場となった。

ヤンキース打線が爆発。初回に2点を先制すると、3回と4回にも1点ずつ奪い、効果的に加点した。6回には2本の本塁打で一挙4点を奪い、終盤にもダメ押しの2点を加えた。投げては先発のチェンバレンが6回2/3を無失点に抑える好投を見せ、待望の先発初白星を挙げた。
[PR]
by softball_park | 2008-06-25 23:01 | ヤンキース
松井秀喜 欠場 ヤンキースは大敗
松井秀喜の所属するヤンキースは24日、敵地でパイレーツとのインターリーグ3連戦初戦を行い、5-12で敗れた。先発を外れた松井は途中出場の機会もなく、4試合ぶりの欠場となった。

パイレーツが先手を取り、3回までに3点をリード。4回に1点を許したが、その裏にバティスタの2ランでリードを広げると、5回にも2点を加え試合を優位に進めた。その後もヤンキース投手陣を打ち崩し、結局19安打で12点を奪う猛攻で大勝した。
[PR]
by softball_park | 2008-06-24 23:01 | ヤンキース
トップ