カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2008年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧
阪神 ヤクルト投手陣打てず痛い敗戦
セ・リーグ

ヤクルト 3 - 1 阪神
神宮

10/6(月)ヤクルトvs.阪神24回戦
ヤクルトは1回裏、青木と飯原の適時打で2点を先制。1点リードで迎えた4回には、1死二三塁から石川の内野ゴロの間に走者が生還し追加点を挙げた。先発・石川は6回1失点の好投で今季12勝目。最後は守護神・林が3人で締め、9月4日以来となる31セーブ目を挙げた。


横浜 2 - 1 広島
横浜

10/6(月)横浜vs.広島24回戦
横浜は1-1で迎えた8回裏、2死二塁から金城がセンターへ適時打を放ち、勝ち越しに成功。最終回は寺原が3人で締めた。敗れた広島はチャンスにあと一本が出ず、今季最終戦を白星で飾ることができなかった。なお、広島・前田智がこの試合で2000試合出場を達成した。


パ・リーグ

楽天 1 - 4 ソフトバンク
Kスタ宮城

10/6(月)楽天vs.ソフトバンク23回戦
ソフトバンクは5回表、金子の2点適時打で先制すると、続く6回には田上の2ランで加点した。先発・新垣は8回1失点の好投で今季4勝目。最終回を3人で締めた馬原が通算100セーブを達成した。敗れた楽天は打線に元気が無く、両チームの順位確定は持ち越しとなった。
[PR]
by softball_park | 2008-10-06 23:01 | 試合結果
レッドソックス レイズ アメリカンリーグ優勝決定シリーズ進出
レッドソックスは6日、本拠地フェンウェイ・パークでエンゼルスとのプレーオフ地区シリーズ第4戦(5回戦制、3勝先行)を行い3-2でサヨナラ勝ちを収め、対戦成績3勝1敗でアメリカンリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。レッドソックスの若手左腕レスターとエンゼルスのエース右腕ラッキーの投手戦となった。均衡を破ったのはレッドソックス。5回1死一、三塁からエルスブリーの内野ゴロの間に1点を先制すると、ペドロイアが今季プレーオフ初ヒットとなるレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、2点目を加えた。終盤の8回に2点を奪われ同点とされたレッドソックスだったが、9回2死二塁からローリーのライト前タイムリーヒットで決着を付けた。

レイズは、敵地でホワイトソックスとのアメリカンリーグ地区シリーズ第4戦 6-2で勝ち、リーグ優勝決定シリーズ初進出 レイズが初回にアプトンのソロ本塁打で1点を先制したのに続いて、3回にもアプトンの2打席連続となるソロ本塁打で追加点を挙げた。レイズは4回にもフロイドのタイムリー二塁打、ナバロのタイムリーヒットで2点を追加。
 レイズの先発ソナンスタインは、4回にコナーコにソロ本塁打を浴びたが、レイズは5回にペーニャのタイムリーで1点を追加。ソナンスタインは6回にもダイにソロ本塁打で2点目を失ったが、レイズは7回にペーニャの2打席連続タイムリーで6点目を奪って再び突き放した。
 投げては、6回以降ソナンスタインの後を継いだハウエルとバルフォアがホワイトソックス打線の反撃を封じて6-2で逃げ切った。
[PR]
by softball_park | 2008-10-06 23:01 | 試合結果
巨人 上原 浩治 7回無失点6勝目
セ・リーグ

巨人 3 - 0 中日
東京ドーム

ヤクルト 3 - 8 阪神
神宮

横浜 2 - 7 広島
横浜

パ・リーグ

楽天 8 - 0 ソフトバンク
Kスタ宮城

10/5(日)巨人vs.中日24回戦
巨人は1回裏、鈴木尚の先頭打者本塁打で先制。4回に阿部のソロで加点すると、8回にも小笠原のソロでリードを広げた。投げては先発・上原が7回を無失点に抑えると、その後は豊田・クルーンのリレーで中日打線を零封した。中日は9回に満塁の好機を作るもあと1本が出ず。
[PR]
by softball_park | 2008-10-05 23:01 | ジャイアンツ
フィリーズ ナ・リーグ優勝決定シリーズ進出
レッドソックスは5日、本拠地フェンウェイ・パークでエンゼルスとのアメリカンリーグ地区シリーズ第3戦 4-5で敗れ対戦成績を2勝1敗 両チーム12投手を投入する接戦となった。初回に1点を先制したエンゼルスは、2回に3点を奪われ逆転されるも、3回にナポリの2ラン、5回表にもナポリが2打席連続本塁打を放ち勝ち越しに成功。その裏、またも同点とされたエンゼルスだったが、延長12回表にアイバーがセンター前タイムリーヒット。結局、この1点が決勝点となり、エンゼルスが逃げ切った。

レイズは敵地でホワイトソックスとのアメリカンリーグ地区シリーズ第3戦3-5で敗れ、対戦成績を2勝1敗 レイズが2回に1点を先制するも、3回に同点に追い付かれると、5回にワイズのタイムリーなどで3点を奪われ、勝ち越しを許した。7回にアプトンの2ランで追い上げるも反撃及ばず、3-5で敗れた。

ナショナルリーグの地区シリーズ、フィリーズvs.ブルワーズの第4戦が5日、ブルワーズの本拠地ミラー・パークで行われ、フィリーズが6-2で快勝し、3勝目を挙げてナ・リーグ優勝決定シリーズ進出 初回、ブルワーズの先発スパンの立ち上がりを攻め、先頭打者のロリンズがソロ本塁打を放って1点を先制すると、3回にはバレルの3ラン本塁打で追加点を奪い、4-0と試合の主導権を握った。 フィリーズ先発のブラントンは7回、ブルワーズのフィルダーにソロ本塁打を浴びた1失点だけに抑える好投を見せた。フィリーズは直後の8回、バレルがこの試合2本目の本塁打を放ち、6点目を奪った。フィリーズは8回に1点を返されたものの、マドソン、リッジと継投して逃げ切った。 これでフィリーズは地区シリーズを3勝1敗として、15年ぶりにナ・リーグ優勝決定シリーズ進出
[PR]
by softball_park | 2008-10-05 23:01 | 試合結果
中日 クライマックスシリーズ進出
セ・リーグ

巨人 3 - 4 中日
東京ドーム

ヤクルト 2 - 2 阪神
神宮

横浜 14 - 5 広島
横浜

パ・リーグ

楽天 4 - 3 西武
Kスタ宮城

10/4(土)巨人vs.中日23回戦
中日は1-1で迎えた9回表、1死二三塁から中村紀が値千金の3ランを放ち、勝ち越しに成功。最後は守護神・岩瀬が巨人の反撃を2点で食い止め、クライマックスシリーズ進出を決めた。敗れた巨人は9回から登板した守護神・クルーンが今季初被弾を浴びるなど誤算だった。
[PR]
by softball_park | 2008-10-04 23:01 | ジャイアンツ
ドジャース リーグ優勝決定シリーズ進出
ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムでドジャースとカブスとのプレーオフ地区シリーズ第3戦 ドジャースが3-1で3連勝を飾り、1988年以来のリーグ優勝決定シリーズ進出 ドジャースが初回2連打で2死二、三塁のチャンスをつくると、ロニーのライト二塁打で2点を先制。5回には1死一塁から、マーティンのレフト二塁打で1点を追加。一方のカブスは8回2死二塁からワードのセンター前タイムリーヒットで1点を返すも、反撃もここまで。ドジャースの6安打を上回る8安打を放ちながら、決定打が出なかった。

フィリーズは4日、敵地ミラー・パークでブルワーズとのナショナルリーグ地区シリーズ第3戦に臨んだが1-4で敗れ、対戦成績を2勝1敗とした。初回、フィリーズ先発のモイヤーが制球に苦しみピンチを背負うと、ブルワーズのフィルダーに犠牲フライ、ハーディーにはタイムリーヒットを浴び2点を先制された。5回には2番手投手コンドリーがブラウンに犠牲フライを浴び、3点を追う展開。6回にハワードの内野ゴロで1点を返したが、7回には追加点を許し、再び3点差とされた。9回には無死満塁のチャンスをつくったが無得点に終わり、1-4で敗れた。
[PR]
by softball_park | 2008-10-04 23:01 | 試合結果
阪神 リリーフ陣が大乱調で、再びマジックが消滅
セ・リーグ

横浜 2 - 7 中日
横浜

10/3(金)横浜vs.中日24回戦
中日は2回表、中村紀の適時打で先制すると、その後もウッズの3ランなどでリードを広げた。打線の援護を受けた先発・吉見は、11安打を許しながらも2失点に抑える力投で、プロ初の2ケタ勝利を完投で飾った。敗れた横浜は打線がつながらず、球団ワーストタイの14連敗。


ヤクルト 7 - 5 阪神
神宮

10/3(金)ヤクルトvs.阪神21回戦
ヤクルトが5点差を逆転し、阪神戦の連敗を5で止めた。7回裏に川島慶の2点適時三塁打などで4点を返すと、8回には川本の2点適時二塁打などで3点を奪い逆転した。阪神は先発・安藤が好投するも自慢のリリーフ陣が大乱調で、再びマジックが消滅する痛い敗戦となった。


パ・リーグ

ロッテ 7 - 3 楽天
千葉マリン

10/3(金)ロッテvs.楽天24回戦
ロッテは3点を先制された直後の5回裏、福浦・里崎の連続押し出し四球と、竹原の2点適時二塁打など、打者一巡の猛攻で6点を奪い逆転に成功。6回にも神戸のソロで加点した。投げては先発・小野が5回3失点で1ヶ月半ぶりの5勝目。チームの今季最終戦に花を添えた。
[PR]
by softball_park | 2008-10-03 23:01 | 試合結果
レッドソックス レイズ ア・リーグ優勝決定シリーズへ王手
レッドソックスは敵地でエンゼルスとのプレーオフ地区シリーズ第2戦7-5で2連勝を収め、アメリカンリーグ優勝決定シリーズ進出へ王手 レッドソックスが初回2死から、ベイの3ランなど5連打でたたみ掛けて一挙4点を先制。その後も4回にエルスブリーのライト二塁打で1点を追加。前半から主導権を握ったレッドソックスだったが、じわりじわりとエンゼルス打線に追い上げられ、8回に同点に追い付かれた。しかし、9回表にドリューの2ランで勝ち越したレッドソックスは、守護神パペルボンで逃げ切った。

レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドでレイズとホワイトソックスとのアメリカンリーグ地区シリーズ第2戦 レイズが6-2でホワイトソックスを下し2連勝、ア・リーグ優勝決定シリーズへ王手 初回、レイズ先発のカズミアーが満塁のピンチを背負うと、ホワイトソックスのトーメに先制タイムリー、ラミレスには犠牲フライを許し、2点を献上した。しかし、レイズは2回にナバロのタイムリーで1点差とすると、5回には岩村が2ランを放ち逆転に成功。8回には4本の長短打で3点を加え、ホワイトソックスを突き放した。先発のカズミアーは8安打を打たれながらも初回の2失点のみに抑え、6回途中に降板。その後はバルフォア、ハウエルと継投し、最後はブラッドフォードが締めくくった。
[PR]
by softball_park | 2008-10-03 23:01 | 試合結果
広島 大竹 寛 8回無失点9勝目
セ・リーグ

横浜 4 - 6 中日
横浜

10/2(木)横浜vs.中日23回戦
中日は2点ビハインドで迎えた8回表、2死一塁から李が2ランを放ち同点とすると、試合はそのまま延長戦へ突入。迎えた10回、1死一三塁から李が2打席連続となる3ランを放ち、試合を決めた。中日はこれで5連勝。横浜は守護神・寺原が打たれ、泥沼の13連敗となった。


ヤクルト 0 - 1 広島
神宮

10/2(木)ヤクルトvs.広島24回戦
広島は0-0で迎えた9回表、1死二塁から相手の失策の間に二塁走者・東出が生還して均衡を破ると、その裏を守護神・永川が締め、チームの連敗は3でストップ。勝率を5割に戻した。先発・大竹は8回無失点の好投で今季9勝目。ヤクルトは、好機にあと一本が出なかった。


パ・リーグ

ロッテ 2 - 1 楽天
千葉マリン

10/2(木)ロッテvs.楽天23回戦
ロッテは3回裏、早川の適時三塁打、続く福浦の犠牲フライで2点を先制する。リードをもらった先発・久保は7回を1失点と好投し4勝目。最後は守護神・荻野が3人で締め、30セーブ目を挙げた。敗れた楽天は打線が2安打と沈黙し、好投の先発・青山を援護できなかった。
[PR]
by softball_park | 2008-10-02 23:01 | 試合結果
ドジャースが2連勝、ナ・リーグ優勝決定シリーズへ王手
レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドでレイズとホワイトソックスとのプレーオフ地区シリーズ第1戦レイズが初戦を6-4で制し、プレーオフ初勝利を収めた。2回、レイズのロンゴリアがソロ本塁打を放ち試合を動かした。レイズは3回に3点を奪われ逆転を許すも、直後の攻撃で岩村のタイムリー、ロンゴリアの2本目となる本塁打などで3点を挙げ再逆転。5回には貴重な2点を加えてリードを広げた。投げては先発のシールズが6回1/3を3失点で試合をつくると、継投のバルフォア、ハウエル、ウィーラーが1失点に抑えて、ホワイトソックス打線を封じた。

カブスの本拠地リグレー・フィールドでカブスとドジャースとのナショナルリーグ・プレーオフ地区シリーズ第2戦 ドジャースが10-3で大勝し2連勝、ナ・リーグ優勝決定シリーズへ王手 2回にドジャースが2連打でチャンスをつくると、1死からデウィットのセカンドゴロエラーの間に1点を先制。なおも相手守備のエラーで満塁とすると、ファーカルの内野安打で1点、マーティンの走者一掃タイムリー二塁打で3点を挙げて、2回だけで一挙5点を奪った。さらに5回にM・ラミレスの2試合連続本塁打、7回にケンプのタイムリー二塁打、8回にはファーカルとM・ラミレスのタイムリーヒットとたたみ掛けた。また、9回にもブレイクのタイムリーヒットでダメ押し点を入れ、カブスを突き放した。投げては先発の24歳若手右腕ビリングスリーが、6回2/3を1失点と好投。一方、カブスはエラー4つで守備が乱れ、打線もチャンスをつくれず3得点にとどまった。

ナショナルリーグのプレーオフ地区シリーズ、フィリーズvs.ブルワーズの第2戦が2日、フィリーズの本拠地シチズンズバンク・パークで行われ、フィリーズが5-2で勝利を収めた。フィリーズは2連勝となり、ナ・リーグ優勝決定シリーズ進出に王手 初回、フィリーズ先発のマイヤーズが押し出し四球を与え、先制点を許した。しかし2回、フェリスのタイムリー二塁打でフィリーズが同点に追いつくと、ビクトリーノが満塁弾を放ち、リードを奪う展開。先発のマイヤースは2回以降立ち直り、7回まで投げ2安打2失点の好投を見せた。最後は連投となったリッジが締めくくり、連勝を収めた。 ブルワーズ先発のサバシアは序盤から精彩を欠き、3回2/3を投げ6安打4四球5失点で負け投手となった。
[PR]
by softball_park | 2008-10-02 23:01 | 試合結果
トップ