カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
アジアシリーズ2008 埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)アジア制覇!
アジアシリーズ2008

11月16日(日)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の決勝が16日、東京ドームで行われ、埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)を1対0のサヨナラで下し優勝。これで日本勢は第1回大会からアジアシリーズ4連覇を果たした。 息詰まる投手戦に終止符を打ったのは日本王者だった。埼玉西武は0対0の同点で迎えた9回、2死走者なしから石井義がこの試合チーム初の四球を選ぶと、続く佐藤の左中間への二塁打で一塁から石井義が一気に本塁へ生還。ゼロが並んだスコアボードにようやく得点を刻むと同時に、劇的なサヨナラ勝利でアジア王者の栄冠をつかんだ。
 投げては先発・涌井が序盤3イニング連続で先頭打者にヒットを浴びるなど苦しい立ち上がりも、7回途中まで毎回の10奪三振で無失点に抑えると、2番手以降の星野、大沼、岡本真も統一打線に得点を与えなかった。 一方、台湾勢初優勝を狙った統一は、埼玉西武投手陣から再三ランナーを出すも、拙攻続きで本塁を踏めず。6回を4安打、無四球と好投の先発・アルバラードを援護できなかった。 なお、優勝した埼玉西武は賞金5000万円を獲得。また、大会MVPには決勝でサヨナラタイムリーを放った佐藤(埼玉西武)が選ばれた。
[PR]
by softball_park | 2008-11-16 23:00 | 試合結果
アジアシリーズ2008 統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)勝利
アジアシリーズ2008

11月15日(土)

天津(中国) 2 - 16 西武(日本)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」が15日、東京ドームで行われ、第1試合で埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が天津ライオンズ(CBA/中国)に16対2で7回コールド勝ちを収めた。埼玉西武の予選リーグ成績は2勝1敗となり、第2試合で行われる統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)対SKワイバーンズ(KBO/韓国)の結果次第で、決勝進出が決まることになった。 埼玉西武がアジアシリーズ新記録となる16点を奪って圧勝した。同点で迎えた2回、これまでヒットがなかった4番・中村がレフトスタンド2階席に運ぶ特大3ラン。主砲の一撃で勢いに乗った打線は、栗山の3打点の活躍などもあって、次々に得点を重ねた。先発の許はリードをもらった直後に同点に追いつかれるなど不安定だったが、大沼、谷中、岡本真のリリーフ陣が天津打線を完全に抑えた。 一方の天津は14日のSK戦(15失点)に続き、大量失点でコールド負けを喫した。守備の乱れもあって、埼玉西武の勢いを止めることができなかった。

統一(台湾) 10 - 4 SK(韓国)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の予選リーグ最終戦が15日、東京ドームで行われ、第2試合で統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)がSKワイバーンズ(KBO/韓国)を10対4で下した。この結果、統一とSK、埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が2勝1敗で並び、失点率の差で埼玉西武(失点率0.29)が1位、統一(同0.38)が2位となり決勝進出を決めた。SKはこの試合の大量失点が響き、失点率0.54で3位となった。埼玉西武対統一で争われる決勝は16日、午後2時から東京ドームで開催される。 統一は1点リードを許した4回、ブリトー、高國慶の連打でチャンスをつくる。ここで打席に立った6番・陽森がタイムリーヒットを放ち同点に追いつくと、7番・劉芙豪の勝ち越し3ラン、8番・高志綱の2者連続となるソロ本塁打でたたみ掛け、この回一挙5点を奪った。さらに、5回には陳連宏のソロ本塁打、8回にも劉芙豪にこの日2本目となる3ランが飛び出し、一発攻勢でSKを突き放した。
 投げては3番手の曾翊誠の好投が光った。2点差に迫られた8回、走者一塁の場面でマウンドに上がると、趙東和を見逃し三振、金宰ヒョンをセカンドゴロダブルプレーに切って取り、SKの反撃を断った。先発した林岳平も7回3失点と役割を果たした。 一方、SKは先発の蔡秉龍と7番手の鄭大ヒョンの乱調が誤算だった。蔡秉龍がは1点リードした4回、劉芙豪の3ランなどで5失点を喫しKOされた。鄭大ヒョンは2点差の8回、劉芙豪に一発を浴びるなど4失点。2番手の鄭ウラム以降、細かい継投で統一打線をかわしていただけに、流れを手放す痛い失点となった。
[PR]
by softball_park | 2008-11-15 23:00 | 試合結果
アジアシリーズ2008 埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)勝利
アジアシリーズ2008

11月14日(金)

天津(中国) 0 - 15 SK(韓国)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の天津ライオンズ(CBA/中国) vs. SKワイバーンズ(KBO/韓国)が14日、東京ドームで行われ、SKが15対0で7回コールド勝ち。13日の埼玉西武戦に続き、2連勝とした。 SKは天津の先発・陳ウェイに1、2回を打者6人で抑えられたが、攻撃前に円陣を組んだ3回に打線が爆発した。鄭相昊の先制打で勢いに乗ると、この回だけで7安打、4盗塁と天津を圧倒。一挙7点を奪い、試合を決めた。大量リードをもらった投手陣も気を緩めることなく、4投手の継投で7回を無失点に抑えた。 一方、13日に台湾の統一相手に接戦を演じ、健闘を期待された天津だったが、ショックの大きいコールド負け。3失策、2暴投と自らのミスも重なり、SKの勢いを止めることができなかった。

西武(日本) 2 - 1 統一(台湾)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」が14日、東京ドームで行われ、第2試合で埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)に2対1で勝利した。両チームの予選リーグの通算成績は、ともに1勝1敗となり、15日に開催される予選リーグ第3戦に決勝進出を懸けることとなった。 埼玉西武は、1点リードを許した4回、先頭の5番・石井義が左中間を破る二塁打で出塁。佐藤のセカンドゴロの間に三塁に進塁すると、続く大島がセンター前にタイムリーを放ち同点に追いつく。さらに2死二塁から9番に入った赤田がタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功した。 投げては先発の岸が8回を1失点10奪三振の好投。4回に犠飛で1点を奪われたものの、ヒットを許したのはその回のみ。5度3者凡退に抑えるなど安定した投球を見せた。9回も星野、小野寺と細かい継投で締め、統一打線に反撃のきっかけを与えなかった。 一方、統一は5回以降の攻撃が淡白になってしまった。投手陣が4回の2点のみに相手打線を封じていただけに、岸を揺さぶれなかったことが悔やまれる。
[PR]
by softball_park | 2008-11-14 23:00 | 試合結果
アジアシリーズ2008 SKワイバーンズ(KBO/韓国)勝利
アジアシリーズ2008

11月13日(木)

統一(台湾) 7 - 4 天津(中国)

「アジアシリーズ2008」の開幕戦となる統一7―ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾) vs. 天津ライオンズ(CBA/中国)が13日、東京ドームで行われ、統一が7対4で逆転サヨナラ勝ちを収め、シリーズ初戦を白星スタートで飾った。 試合は、統一が4点ビハインドで迎えた5回、劉芙豪のソロ本塁打を皮切りに3点を返した。1点を追う9回、2死三塁から代打の郭俊佑のタイムリーで同点とすると、最後は潘武雄が左中間へ3ランをたたき込み、劇的な勝利を飾った。 中国勢は天津が今大会から初めて単独球団として出場し、積極的な攻撃で先手を奪ったが、アジアシリーズ初勝利はならなかった。


SK(韓国) 4 - 3 西武(日本)

アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」が13日、東京ドームで開幕し、第2試合のSKワイバーンズ(KBO/韓国)vs.埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が行われ、SKが4対3で逆転勝ちを収めた。2年連続出場のSKは昨年の中日ドラゴンズ戦に続き、初戦で日本チームを破った。 SKは1点を追う2回、先頭の4番・朴栽弘のレフトポール際への本塁打で同点に追いつくと、4回には無死一塁から3番・李宰元が勝ち越しの2ランを放ち、なおも連打で1点を追加した。投げては今季16勝を挙げ、北京五輪の日本戦でも好投した先発左腕の金廣鉉が5回途中3失点で降板するも、その後をつないだ尹吉鉉、鄭ウラム、李承浩が無安打ピッチング。特に7回から登板し最後まで投げ切った4番手の李承浩は、4三振を奪う好リリーフで勝ち投手となった。一方、初出場の西武は初回、日本シリーズから好調をキープしている平尾のタイムリーで先制。勝ち越された直後の5回にも栗山、平尾の連続タイムリーで1点差に詰め寄るも、6回以降はSKリリーフ陣の前に無安打に抑え込まれた。先発の帆足は得意球パームの切れが良く、2回には3者連続三振を奪うも4回途中4失点と粘れず。クリーンアップに浴びた2発に泣いた。
[PR]
by softball_park | 2008-11-13 23:00 | 試合結果
日本シリーズ 西武 13回目の日本一
日本シリーズ

巨人 2 - 3 西武
東京ドーム

11/9(日)巨人vs.西武7回戦
西武が対戦成績を4勝3敗として、4年ぶりに13回目の日本一となった。1点を追う西武は8回表、中島の内野ゴロの間に三塁走者・片岡が生還し同点とすると、さらに2死一二塁から平尾の中前タイムリーで試合を決めた。一方の巨人は先制するも、投手陣が踏ん張れなかった。
[PR]
by softball_park | 2008-11-09 23:00 | ジャイアンツ
日本シリーズ 西武:平尾博嗣 4打数 3安打 4打点
日本シリーズ

巨人 1 - 4 西武
東京ドーム

11/8(土)巨人vs.西武6回戦
西武は初回、2死満塁から平尾の走者一掃となる適時二塁打で3点を先制。2点リードで迎えた5回表にも平尾がソロを放ち加点した。投げては中2日で登板した2番手・岸が巨人打線の反撃を許さず、4回途中以降を無失点に抑える好救援。これで西武が日本一に逆王手をかけた。
[PR]
by softball_park | 2008-11-08 23:00 | ジャイアンツ
日本シリーズ 巨人:日本一に王手
日本シリーズ

西武 3 - 7 巨人
西武ドーム

11/6(木)西武vs.巨人5回戦
1点を追う巨人は7回表、脇谷の2点適時三塁打など5連打で一挙4点を挙げ逆転に成功。このリードを救援陣が守り切った。これで巨人は対戦成績を3勝2敗とし、6年ぶりの日本一に王手をかけた。一方の西武は、相手を上回る13安打を放つも、12残塁と拙攻が響いた。
[PR]
by softball_park | 2008-11-06 23:00 | ジャイアンツ
日本シリーズ 西武:岸 孝之 4安打完封勝利
日本シリーズ

西武 5 - 0 巨人
西武ドーム

11/5(水)西武vs.巨人4回戦
西武は1回裏、無死二塁から栗山の適時二塁打で先制。4回には中村が2試合連続となる2ランを放つと、6回にも再び中村の2ランが飛び出しリードを広げた。投げては先発・岸が毎回の10三振を奪う快投で4安打完封勝利。これで今シリーズは両軍2勝ずつのタイとなった。
[PR]
by softball_park | 2008-11-05 23:00 | ジャイアンツ
日本シリーズ 巨人:鈴木尚広 4打数 3安打 3打点
日本シリーズ

西武 4 - 6 巨人
西武ドーム

11/4(火)西武vs.巨人3回戦
巨人は1回表、西武・石井一の暴投の間に先制。2回には鈴木尚の3ランで加点すると、その後もラミレス・小笠原のソロでリードを広げた。先発・内海は6回途中を3失点に抑え、シリーズ初登板初勝利。西武は中村の3ランなどで一時は1点差に迫るも、あと一歩及ばなかった。
[PR]
by softball_park | 2008-11-04 23:00 | ジャイアンツ
日本シリーズ 巨人:ラミレス サヨナラ本塁打
日本シリーズ

巨人 3 - 2 西武
東京ドーム

11/2(日)巨人vs.西武2回戦
巨人は1-2の6回裏、亀井の適時二塁打で同点とすると、9回にはラミレスがバックスクリーン左にサヨナラ本塁打を放ち、劇的な勝利を収めた。なお巨人の日本シリーズでのサヨナラ勝ちは25年ぶり。一方の西武は、中島の2ランを含め3安打と打線に元気がなく惜敗。
[PR]
by softball_park | 2008-11-02 23:00 | ジャイアンツ
トップ

ソフトボール 野球 スポーツ 球技 ベースボール … soka gakkai butsudan sgi 創価 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 手作り 創価仏壇
by softball_park