カテゴリ
全体
更新日記
つぶやき
ソフトボール
ヤンキース
ジャイアンツ
試合結果
以前の記事
<   2009年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧
ヤンキース 11-1と大勝 松井秀喜出場無し
ヤンキースの松井秀喜は25日、敵地でのレンジャーズ3連戦初戦に臨んだが、この日はスタメンから外れ、出場無しに終わった。5番から7番に打順を落とした昨日の試合でも5打数0安打と結果を残せず、11-1と大勝したチームの勢いとは対照的に苦しい立場が続きそうだ。ヤンキースの一方的な展開になった。レンジャーズ先発のハリソンの立ち上がり。この試合DHに入った先頭のジーターがライトへ二塁打を放つとデーモンはファーストへの内野安打で出塁。テシェイラの二塁打であっさりと先制するとロドリゲスがショートへの内野安打で出塁し、ノーアウトのまま2点を奪った。 3回にもデーモン、ロドリゲス、カノが長打を浴びせ、4点を奪取。5回に1点を加えて、レンジャーズ先発のハリソンをマウンドから降ろした。 その後もヤンキース打線の勢いは止まらず、6回に3点、8回に1点を追加し、11-0と一方的な展開に。9回裏にレンジャーズ4番のクルーズがレフトに今季12号となるソロ本塁打を放って意地をみせたが、ヤンキースが敵地で11-1と大勝し、チームの連敗を阻止した。
[PR]
by softball_park | 2009-05-25 23:01 | ヤンキース
巨人 高橋 尚成 6回2失点の好投で3勝目
交流戦

巨人 6 - 2 オリックス
東京ドーム

ヤクルト 2 - 3 ソフトバンク
神宮

横浜 6 - 5 楽天
横浜

中日 10 - 4 日本ハム
ナゴヤドーム

阪神 4 - 3 ロッテ
甲子園

広島 3 - 0 西武
マツダスタジアム

2009年5月25日(月)巨人 vs. オリックス 2回戦

1点を追う巨人は2回裏、阿部のソロで同点とすると、続く3回には小笠原の適時打などで勝ち越しに成功。その後も小笠原のソロや阿部のこの日2本目となるソロなどで加点した。投げては、先発・高橋尚が6回2失点の好投。敗れたオリックスは3安打と打線が振るわなかった。
[PR]
by softball_park | 2009-05-25 23:00 | ジャイアンツ
ヤンキース 延長戦に粘るが敗戦
ヤンキースの松井秀喜は24日、本拠地でのフィリーズ3連戦第3戦に臨み「7番・DH」で先発。5打数無安打に終わった。チームも9回裏に1点差を追いつき延長に持ち込む粘りをみせたが、11回表にフィリーズのルイスにタイムリーを打たれ、3-4と接戦を落とした。試合はフィリーズが3回に2死から2点を奪い先制。ヤンキースもその裏すぐに1点を返し、その後、1点つづを追加して2-3で9回裏に。ヤンキースは先頭のカノがセカンドへの内野安打で出塁すると、カブレラはセンターへタイムリーヒットを放ち、土壇場で3-3の同点に追いついた。サヨナラのチャンスに松井秀に打席がまわったが空振り三振で試合は延長へもつれ込む。11回表にフィリーズのルイスがタイムリーを放ち、接戦に決着をつけた。
[PR]
by softball_park | 2009-05-24 23:01 | ヤンキース
オリックス 平野佳寿  6回1失点2年ぶり白星
交流戦

巨人 6 - 8 オリックス
東京ドーム

ヤクルト 5 - 8 ソフトバンク
神宮

横浜 2 - 5 楽天
横浜

中日 1 - 0 日本ハム
ナゴヤドーム

阪神 中止 ロッテ
甲子園
広島 7 - 5 西武
マツダスタジアム

2009年5月24日(日)巨人 vs. オリックス 1回戦

オリックスは4回表、山崎浩の3点適時二塁打で先制すると、続く5回にラロッカ、下山の連続適時二塁打で2点を追加。7回には下山が2ランを放って巨人を突き放した。先発・平野は6回1失点の好投で今季初勝利。巨人は終盤追い上げを見せるも、あと一本が出なかった。
[PR]
by softball_park | 2009-05-24 23:00 | ジャイアンツ
ヤンキース サヨナラ勝ち Aロドリゲスが値千金の同点2ラン
ヤンキースの松井秀喜は23日、本拠地でフィリーズとの3連戦の第2戦に代打で出場したが、空振り三振に倒れた。ヤンキースは逆転サヨナラ勝ち。試合は2点を追うヤンキースが9回、フィリーズの守護神リッジを攻略。先頭のデーモンが四球で出塁すると、1死後に主砲ロドリゲスが値千金の同点2ランを放った。さらにカノがヒットと盗塁で1死二塁とチャンスメイク。ここでカブレラがセンターへタイムリーヒットを放ち、5-4でサヨナラ勝ちを収めた。

松井秀喜は2点を追う8回、1死二塁のチャンスに代打で登場したが空振り三振に倒れた。1打数無安打で打率は2割5分
[PR]
by softball_park | 2009-05-23 23:01 | ヤンキース
巨人 内海哲也  7回無失点の好投で、今季初勝利
交流戦

日本ハム 3 - 0 ヤクルト
札幌ドーム

楽天 1 - 7 巨人
Kスタ宮城

西武 10 - 6 横浜
西武ドーム

ロッテ 2 - 1 中日
千葉マリン

オリックス 3 - 7 阪神
スカイマーク

ソフトバンク 5 - 4 広島
ヤフードーム

2009年5月23日(土)楽天 vs. 巨人 2回戦

巨人は3回表、坂本・工藤・小笠原の3連続適時打など、6本の長短打で4点を奪い先制。7回にはラミレスの適時二塁打で加点すると、9回には亀井の適時三塁打で突き放した。投げては、先発・内海が7回無失点の好投で今季初勝利。敗れた楽天は、先発・岩隈が誤算だった。
[PR]
by softball_park | 2009-05-23 23:00 | ジャイアンツ
ヤンキースの連勝は9でストップ
ヤンキースの松井秀喜は22日、本拠地でフィリーズとの3連戦の初戦に「5番・DH」で先発し、4打数1安打だった。両チームで7本の本塁打が出た試合は、ヤンキースがフィリーズに3-7と敗れ、ヤンキースの連勝は9で止まった。試合は1回、フィリーズの先頭バッター、ロリンズがライトに先頭打者本塁打を放ち、ヤンキース先発のバーネットの立ち上がりを攻める。2回にもフィリーズ、ルイスの2ランで2点を追加すると、5回にはワースの2ランで5-0に。6回裏にはロドリゲスが、8回裏にはジーター、テシェイラがソロ本塁打で応戦するが、フィリーズ先発のマイヤーズにうまく抑えられ、ヤンキースの連勝は9でストップした。

松井秀喜は第1打席はセカンドゴロ。続く第2打席にショートへの内野安打で出塁。その後の第3打席、第4打席は、レフトライナー、ピッチャーゴロとヒットが出なかったが、打率は2割5分2厘
[PR]
by softball_park | 2009-05-22 23:01 | ヤンキース
巨人 ゴンザレス 8回2失点の好投で、無傷の4勝目
交流戦

日本ハム 2 - 3 ヤクルト
札幌ドーム

楽天 2 - 12 巨人
Kスタ宮城

西武 5 - 15 横浜
西武ドーム

ロッテ 1 - 4 中日
千葉マリン

オリックス 8 - 3 阪神
京セラドーム

ソフトバンク 6 - 3 広島
ヤフードーム

2009年5月22日(金)楽天 vs. 巨人 1回戦

巨人は1回表、坂本の先頭打者弾と李承ヨプの3ランで4点を先制。その後も李承ヨプの2打席連続となるソロなどで加点し、終わってみれば14安打12得点と打線が爆発した。先発・ゴンザレスは8回を2失点に抑え、無傷の4連勝。楽天は投手陣が炎上し、大敗となった。
[PR]
by softball_park | 2009-05-22 23:00 | ジャイアンツ
ヤンキース 9連勝!松井秀喜5号ホームラン
ヤンキースの松井秀喜は21日、本拠地ヤンキー・スタジアムでオリオールズとの3連戦第3戦に「5番・DH」で先発出場し、5回に5号ソロ本塁打を放ち、4打数1安打1打点だった。試合はヤンキースが7-4と勝利を収め、9連勝となった。
ヤンキースの先発チェンバレンが1回、オリオールズ2番、ジョーンズの打球を右ひざにあてるアクシデント。チェンバレンはその直後に2本のヒットを打たれ交代するなど、波乱の出だしとなった。 ヤンキース打線はオリオールズ先発のイートンから1回に4点を先制。続く2回にも2点を加え、6-0と一方的な展開に。しかし、5回にオリオールズのロバーツがソロ本塁打を放ち、反撃に出たかと思ったが、その直後に松井のソロ本塁打で再び突き放し、試合の流れを決めた。 その後、点をとりあい7-4となったが、最後は9回にリベラが3人で抑え、ヤンキースが連勝を伸ばし9連勝とした。

松井秀喜は第1打席がセカンドゴロ、第2打席は空振り三振とオリオールズ先発のイートンに抑えられていたが、5回裏にまわってきた第3打席。2死ランナー無し、カウント1-3からの5球目を今季5号となるソロ本塁打を豪快にライトスタンド中段まで運んだ。続く第4打席はセカンドゴロに倒れたが、4打数1安打1本塁打1打点。通算打率は2割5分2厘
[PR]
by softball_park | 2009-05-21 23:01 | ヤンキース
ヤンキース 8連勝!3者連続本塁打
ヤンキースの松井秀喜は20日、本拠地ヤンキー・スタジアムでオリオールズとの3連戦第2戦に「5番・DH」で先発出場し、4打数1安打に終わった。試合はヤンキースが11-4と大勝し、8連勝を収めた。

ヤンキース打線がオリオールズ先発のガスリーを攻めて、3者連続本塁打などで5-0とリードを広げたが、オリオーズ打線も本塁打で応戦。5-3と2点差まで詰め寄った。しかし、ヤンキースは8回裏に一挙6点を奪って勝負を決めると、最後はリベラを投入して8連勝を収めた。

松井秀喜は第1打席がセカンドゴロ併殺打、第2、第3打席はセンターフライに打ちとられた後の第4打席。四球で歩いたロドリゲスを一塁に置いて、ライト前ヒットで出塁。この回、一気に6点を奪った、大量点の足がかりとなった。その後、味方打線の攻撃中、代走を送られ途中交代をしたが、4打数1安打で打率を2割5分2厘
[PR]
by softball_park | 2009-05-20 23:01 | ヤンキース
トップ