松井秀喜 2得点マルチヒット
ヤンキースの松井秀喜が28日、敵地でオリオールズとの3連戦最終戦に「5番・DH」で先発出場し、2本の二塁打を放ち、積極的な走塁で先制とダメ押しのホームを踏むなどチームの勝利に貢献した。

ヤンキースが2回、松井の二塁打を足掛かりに、ジアンビーのタイムリーヒットで1点を先制した。ヤンキースは3回にオリオールズのモーラに第7号2ラン本塁打を浴びて逆転されたが、4回にジアンビーの第11号ソロ本塁打ですぐに同点に追い付くと、5回にはジーターの犠牲フライで逆転に成功した。さらに9回には松井の2本目の二塁打をきっかけに、ダメ押しの1点を追加して勝負を決めた。
 ヤンキースは7回途中から先発ペティットの後を継いだチェンバレンと、守護神リベラがオリオールズ打線の追い上げをかわし、4-2で競り勝った。リベラは13セーブ目。

松井は第1打席にショート後方へのフライで、相手野手がボールをはじく間に一気に二塁を陥れた。その後センターフライ、ファーストゴロと凡退したが、第4打席でライトへ再び二塁打を放った。この日は4打数2安打で、打率を3割3分
[PR]
by softball_park | 2008-05-28 23:01 | ヤンキース
<< 巨人 再び借金生活 巨人 内海哲也 完投勝利 >>
トップ